プロ野球が大好きなあなたの為のブログ

プロ野球のオフシーズンを楽しみ方って知ってますか?




柳裕也の結婚相手(嫁)や子供について!球種や年棒をまるっと紹介!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

この記事では、中日ドラゴンズの柳裕也選手について紹介しています。

 

ドラフト1位で入団し3年目を迎えた2019年は開幕から先発ローテーションを守り、一軍に定着した投手です。

 

近い将来、中日ドラゴンズのエースになってほしいと思うファンは多いことでしょう。

 

そんな、柳選手のプロフィール、特徴、結婚相手(嫁)や子供について、父親との誓いについてまとめていきます。

 

↓中日ドラゴンズの試合をTV・スマホで見たいあなたへ↓

>>【まとめ】中日ドラゴンズの試合中継をテレビ・ネットで見る方法<<

 

柳裕也選手のプロフィール


名前:柳 裕也(やなぎ ゆうや)

生年月日:1994年4月22日

出身地:宮崎県都城市

身長:180cm

体重:85kg

ポジション:投手

投打:右投げ右打ち

経歴:都城市立大王小学校→都城市立小松原中学校→横浜高等学校→明治大学→中日ドラゴンズ(2016年ドラフト1位)

 

柳選手は宮崎県都城市出身で、小学校3年生で地元のスポーツ少年団で野球を始めました。

 

中学時代は都城シニアに所属し、3年生の時にはシニア日本代表として少年野球全米選手権に出場し、最優秀投手に選ばれる活躍で、チームの優勝に貢献しました。

 

名門・横浜高校では、2年春・夏、3年春と3季連続で甲子園に出場し、3年春のセンバツではベスト8に進出しています。

 

東京六大学野球の明治大学では、1年春から登板し、リーグ戦通算23勝、338奪三振と活躍し、在学中5度の優勝に貢献!特に4年時は主将兼エースとして春秋連覇を達成しています。

 

また、日米大学野球選手権にも、侍ジャパン大学野球日本代表として出場しています。

 

全国大会では、4年秋の明治神宮大会で星知弥選手(現・東京ヤクルト)とともに活躍し、優勝しました。

 

こうして、アマチュア球界で一貫としてエリートコースを歩んできた柳選手は、2016年ドラフト会議で中日ドラゴンズから1位指名を受けることになりました。

 

プロ入り後は即戦力投手として期待されたものの、1年目は1勝、2年目は2勝と期待に応えられませんでした…

 

柳裕也選手の成績

 

年度 登板 勝利 敗戦 S HP 投球回 奪三振 被本塁打 与四死球 防御率
2017 11 1 4 0 0 50.1 45 5 12 4.47
2018 10 2 5 0 0 53.1 42 2 20 5.23
2019 26 11 7 0 0 170.2 146 21 38 3.53
2020                    

 

※2020年の成績はシーズン終了後に更新します

 

柳裕也選手の年棒(推定)

 

年度 年俸(推定)
2017 1500万円
2018 1450万円
2019 1450万円
2020  

 

【柳裕也選手の特徴】球種も豊富でカットボールが決め球

 

ストレートを中心に、カットボール、スライダー、スローカーブ、チェンジアップを投げ分けます。

 

先発ローテーションに定着した2019年は、カットボールに磨きがかかっているようで三振奪取時の決め球に使っています。

 

 

プロ入り後の球速は、平均球速140キロ・最速148キロですが、大学時代には最速150キロを記録しているので、球速アップが実現すれば、より多くの活躍が望めそうですね。

 

また、大学時代は、投手ながら主将を務めたように人望も厚く、将来的には中日投手陣のリーダーになりうる選手です。

 

柳裕也選手に結婚相手(嫁)について

 

2019年9月9日までは柳選手に彼女の情報はまっったくありませんでした。

 

ですが、こっそりと愛知県出身の一般女性の方と交際をされていたみたいですね!

 

柳選手をサポートするために結婚相手(嫁)さんは栄養関係の資格を取得してサポートをしてくれているそうです。

 

108本のバラで直球プロポーズとは男前じゃあないですか!二桁勝利も達成したので順風満帆の野球人生になってほしいですね!

 

柳裕也選手の子供について

 

まだ結婚をしたばかりなのでお子さんの情報はどこにもありませんでした。

 

今は二人の時間を大切にしてほしいですね!

 

柳裕也選手は父親と誓った約束がある

 

柳選手は、小学6年生の時に交通事故で父親を亡くしていますが、その告別式の弔辞でこんなことを誓ったそうです。

 

「お父さん、僕はプロ野球選手になってお母さんと妹を守ります。だから安心してください」

 

見事にその誓いを実現し、プロ野球選手になった柳選手ですが、2017年6月18日の埼玉西武ライオンズ戦でプロ初勝利を挙げた時は、そのウイニングボールを父親の仏壇にささげたそうです。

 

ちなみに、この日はちょうど「父の日」で、最高の親孝行ができたということになりますね。

 

柳裕也選手のまとめ

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。最後に柳裕也選手についてまとめます。

 

柳選手について
  • カットボールに磨きをかけ決め球としている
  • 2019年6月時点では独身、まだ野球に打ち込むことを優先している
  • 亡くなった父親との誓いを実現し、父の日にウイニングボールを仏壇にささげた親孝行者

 

明治大学から中日ドラゴンズに入団した選手には、星野仙一さんや川上憲伸さんといった中日歴代のエースがいます。

 

柳選手は、その偉大な先輩たちの系譜を継いで、中日のエースへと成長していくことでしょう。

 

柳選手の他にも中日ドラゴンズの選手についてまとめています。

 

続きはこちら⇒⇒中日ドラゴンズの色々な情報をまとめた記事はここ!

この記事を書いている人 - WRITER -

スポンサーリンク


スポンサーリンク







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© プロ野球情報局 , 2019 All Rights Reserved.