プロ野球が大好きなあなたの為のブログ

プロ野球のオフシーズンを楽しみ方って知ってますか?




プロ野球シーズンオフがつまらない人必見!楽しみ方を【徹底解説】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ハマスタ一塁側・内野CかB席で観戦をしていることが多いです。試合の終盤になるとテンションが高くなります 笑 【好き】⇒から揚げ、豆腐ハンバーグ、ブログの更新、嫁
詳しいプロフィールはこちら
  • 「プロ野球のシーズンが終わってオフになっちゃったからつまらない」
  • 「プロ野球ファンってシーズンオフの楽しみ方ってどんなのがあるんだろう…」
  • 「オフシーズンの楽しみ方を誰か教えてくれ!!」

 

とシーズンが終わってしまって退屈で退屈で仕方ない!って人にこの記事はおすすめとなっています。

 

Bクラスになってしまったチームは振り替え試合などがなければ9月でシーズンの日程が終了してしまうところもあります。

 

他球団のクライマックスシリーズや日本シリーズを見るのも良いですが、いまいちテンションがあがらないし「うちも出たかったな…」とさらに喪失感に襲われてしまいますよね…

 

「シーズンオフは試合がないからつまらない。」確かに試合はありませんが!

 

でも、実はファンがもっとチームについて詳しくなれる機会が多く眠っているのもこのオフの期間なのです!

 

プロ野球シーズンオフがつまらない!そんな人へ【楽しみ方をまとめた】

 

2019年のペナントレースシーズンは

 

  • セントラルリーグでは読売ジャイアンツ
  • パシフィックリーグでは埼玉西武ライオンズ

 

がそれぞれ、ペナントレースを制しましたね!両チームともおめでとうございます!!

 

惜しくも優勝には届かなったチームも、まだクライマックスシリーズが残ってますので、最後まで戦い抜いてほしいですね!

 

そこで、今日はどのチームにもいずれは訪れるシーズンオフについて、触れていきたいと思います。

 

いくつか楽しみ方を紹介していきますのでよろしければ参考にしてください!!

 

これみて少しは元気出してね!

 

プロ野球シーズンオフの楽しみ方【フェニックスリーグ(秋季教育リーグ)】

 

毎年、宮崎県のサンマリンスタジアムを中心に行われている秋季の集中強化試合のことです。

 

メンバーはほとんどが若手中心ということもありますが、投手に限ってはチームによっては主力級の投手が投げるときもあります。

 

レギュラーシーズン首位通過のチームは試合感覚がチームによってはレギュラーシーズン終了からクライマックスシリーズまで3週間近くあいてしまいますよね?

 

そういった時の調整試合の場としてフルメンバーで参加する場合があります。(特に巨人)

 

好きな選手をゆっくりと見たいのであれば旅行も合わせて現地で観戦をするのも良いと思います!

 

⇒⇒【フェニックスリーグ2019】日程や中継情報について詳しく知りたい方はここ

 

ポイント
  • 若手選手や期待の選手の経験の場所
  • 観戦は無料

 

プロ野球シーズンオフの楽しみ方【選手の補強(ドラフト会議やFA移籍や新外国人選手の獲得)】

 

オフの目玉でもある、選手の移籍の話題ですね。

 

やはりなんだかんだ、一番目の離せないのはこの話題なのでは??

 

FA宣言は日本シリーズ終了の次の日から可能ですので、FA権取得選手の動向には注目ですね!

 

 

そしてそして、数々のドラマを生んできたドラフト会議も注目!

 

未来の球団の運命を担う大事な選手の交渉権獲得の場ですから、見守りましょう!

 

ポイント
  • 甲子園のスター選手がどこに入団するか注目
  • 各球団の弱点の補強ができるか?

 

プロ野球シーズンオフの楽しみ方【シーズンの課題を克服する秋季キャンプ】

 

若手主体の秋季キャンプ。各球団大体南の暖かい地域で行うことが多いですね。

 

フェニックスリーグ終了後、大体1週間ほどおいてから始める球団がほとんどです。

 

春季キャンプと違って試合はほとんどありません。ひたすら練習です。なので現地にいるファンも結構気合の入っている野球好き、選手好きしかいないイメージです。

 

選手との距離もかなり近いです。サインなどは春季キャンプよりもらいやすいですね。期間は2、3週間となっています。

 

ポイント
  • ベテラン選手・主力選手は参加しない
  • 春季キャンプと違い話題性は低い

 

⇒⇒【プロ野球・秋季キャンプ】2019年の日程や場所を総まとめ

 

プロ野球シーズンオフの楽しみ方【世界野球プレミア12】などの日本代表戦

 

なんと2019年はシーズン終了後に野球世界一を決める大会がありますね!(忘れている人も多い?)

 

前回大会では継投ミスから韓国に大逆転負けをし、小久保監督の進退が話題になった大会でもあります。

 

2020年は東京で五輪が開催されることになっており、野球もその競技に含まれていますので前哨戦はきっちと優勝で決めきりたいところ。

 

⇒⇒【世界野球プレミア12】2019年のチケット発売日など詳しく知りたい方はここ

 

ポイント
  • 地上波で放送をしてくれる
  • 東京オリンピックに向けての戦い

 

プロ野球シーズンオフの楽しみ方【1年間の応援に選手が感謝するファンフェスティバル】

 

贔屓球団の選手を生で見られる年内最後の機会かもしれません。プロ野球ファン感謝祭!

 

ほとんどのチームが11月の下旬に行います!

 

選手との距離も近く、また感謝祭限定のグッズなんかも出たりして非常に盛り上がりますね!

 

サインや、握手会など実施している球団も多く好きな選手に合える年内ラストチャンス!?

 

ポイント
  • 選手の普段とは違った表情が見れる
  • 場所によっては大混雑するため注意

 

⇒⇒【最新版】プロ野球ファンフェスタ2019の日程や中継をまとめた!

 

プロ野球シーズンオフの楽しみ方【海外で武者修行するウィンターリーグ】

 

各チームから若手選手を選出し、選抜チームを組み出場します。

 

主に、台湾で行われるアジアウインターリーグには積極的に選手を派遣しています。

 

その他にも、球団独自でパイプのある地域への参加(横浜はオーストラリア、ドミニカ共和国)など、若手中心にはなりますが参加しているところもあります。

 

大体12月一杯がウインターリーグの期間になっています。以前、メキシコのWLで乙坂選手が大人気になったこともありましたね!

 

ポイント
  • リーグによってはネット配信もある
  • 過酷なリーグもあるためすぐに日本に帰国される場合もある

 

⇒⇒【アジアウィンターリーグ2019】中継や放送情報などをまとめた!

 

プロ野球シーズンオフの楽しみ方【テレビなどのメディア出演】

 

選手はシーズンオフになると一気にメディアへの露出機会が増えます。一番はスポーツ番組やスポーツコーナーのゲストとして、番組を盛り上げてくれます。

 

ほかにもバラエティー番組への出演が非常に多くなり、特に年末年始の特番などではよくみかけるようになるかもしれません。

 

2018年のセパ優勝チームは両方ともVS嵐に出演したことがありました!

 

ポイント
  • シーズン優勝チームのメディア出演が多い
  • 球団が主催するトークショーなどもある

 

プロ野球シーズンオフの楽しみ方【シーズンの各タイトルの表彰式NPBアワード】

 

シーズンMVPや各成績のタイトルが表彰されるのがこのNPBアワード

 

各タイトルはわかってしまいますが

 

  • 「沢村賞」
  • 「セパ新人王」
  • 「シーズンMVP」

 

この3つのタイトルだけは当日になってみないとわかりません。

 

特に新人王は記者からの投票数で決まるので毎年、違った意味でも話題となってしまいます。

 

NPBアワードは毎年プロ野球関連の全日程の最後に行うので11月下旬に行われます。

 

地上波での放送はありませんが、CS放送でアワードの様子を毎年放送をしてくれます。

 

⇒⇒【プロ野球・新人王】2019年のセリーグ受賞予想選手はここ

⇒⇒【プロ野球・新人王】2019年のパリーグ受賞予想選手はここ

 

ポイント
  • その年のタイトルを表彰する場所
  • 新人王や沢村賞やシーズンMVPは話題となる

 

⇒⇒NPBアワードを実際に見に行きたい人はこちら

 

プロ野球シーズンオフの楽しみ方【球団フロントと直接交渉できる契約更改】

 

11月に入るとすぐに契約更改が始まります。プロ野球選手の1年のお給料を決める大事な場です。

 

大幅アップ、または減俸、調停、退団などいろいろと記者には、忙しい時期になります。

 

また多くの選手が契約更改時に結婚を発表することが多いいです。

 

選手名鑑にも細かく記載され、ファンなら選手の給料くらい知ってて当然のような時代になりましたので、チェックしてみては??

 

ポイント
  • 選手の活躍に応じての金額でファンの反応が楽しめる
  • 贔屓選手の年棒を知れる
  • 金額はあくまでも「推定」

 

プロ野球シーズンオフの楽しみ方【生き残りをかけた戦い12球団合同トライアウト】

 

戦力外や再起をかける選手にとって各球団の編成担当にアピールできる最後の機会。

 

それが12球団合同トライアウト。近年では年に2回やるケースも。

 

実戦形式で行われ投手と打者の生き残りをかけた、真剣勝負を見ることができる。

 

プロ野球に復帰を目指す選手だけでなく合同トライアウトを引退試合とする選手も増えて来ています。

 

ファンも無料で入場してトライアウトを観戦することができます。

 

ポイント
  • 生き残りをかけて戦い
  • プロ野球界に復帰できるのは極わずか
  • 有料チャンネルで生中継される

 

⇒⇒【プロ野球・トライアウト2019】最新情報はここ

 

プロ野球シーズンオフの楽しみ方【新しい年を迎えたらすぐ入寮新人合同自主トレ】

 

ドラフトで入団してきた選手が初めて、練習を行うのがこの球団主体の合同自主トレになります。

 

高校や大学、社会人を経由してプロ入りするわけですがきちんとプロレベルの練習についていけるかどうかをチェックします。

 

そのため、基本はランメニューがほとんどです。

 

見学したいファンには残念ですがだいたい非公開の部分が多いですね。(練習やってるのに立ち入り禁止など)

 

そのほか、サインなどの頂戴もかなり難しいので期待しない方がいいです。

 

ポイント
  • 入寮する選手が何を持ってくるか毎年注目
  • 新人が最初に首脳陣にアピールする場所

 

プロ野球シーズンオフの楽しみ方【春季キャンプに向けて調整をする自主トレ】

 

侍JAPANなどの合同チームで各球団の選手同士の仲というのは、以前に比べくらべものにないほどよくなっています。

 

そのため、冬場の自主トレなどは最近は球団内に収めず、各球団からやりたい!という選手がグループを作り行っているようです。

 

こちらも球場を貸切るケースが多いのでファンが近寄ることは難しいかと。

 

自主トレを公開している選手もいますね!過去にはベイスターズの三浦大輔投手コーチが主体となり選手を集め厚木球場を開放して公開自主トレを行いました。

 

ポイント
  • 練習を公開する選手もいる
  • 「え!?あの選手と、どんな接点で自主トレしているの!?」驚くケースも
  • 自主トレの情報はテレビでも報道される

 

プロ野球シーズンオフの楽しみ方【いよいよ球春到来!春季キャンプ】

 

もうこの時期まできてしまえばプロ野球ファンは「待ってました!」というような感じでしょうか!

 

私も毎年、沖縄に出向き各球団の練習を視察しています(笑)

 

観光と野球を両方堪能できるいい機会です。

 

まだまだ肌寒い2月に行われるのですが、宮崎や沖縄、離島で行っているチームがほとんどで大体20度前後の気候になります!

 

衣服の調整が毎年難しいです。帰ってきて体調を崩さないようにすることが第一です。

 

ファンと選手との距離は近いですが、マナーの悪い客のせいでどんどん規制が各球団厳しくなっていますね。節度を守っての観戦を。

 

ポイント
  • 若手選手は開幕1軍入りをアピールする最初の舞台
  • 開幕に向けて調整をおこなっていく
  • 選手と近い距離で練習が見れる

 

プロ野球シーズンオフの楽しみ方【開幕に向けてのオープン戦】

 

近年のプロ野球では、キャンプ中から試合を組んでしまうケースも珍しくありません。

 

2月下旬から、3月中旬までの約3週間。各球団15試合程度の日程でオープン戦を行い開幕に備えます。

 

オープン戦のいいところは、シーズン中に座れないような座席が安く座れるなどの良い部分もあります。

 

勝ち負けが関係ないのですが、開幕1軍を目指して戦う選手の姿を見ることができますね!

 

ポイント
  • 選手の調整具合が見れる
  • 開幕に向けてファンのモチベーションがあがってくる
  • 開幕スタメンや開幕投手予想でもりあがる

 

プロ野球シーズンオフでも楽しめる番組はたくさんある

 

スカパー!プロ野球セットでは↑で紹介をしている

 

  • アジアウィンターリーグ
  • ファンフェスティバル
  • NPBアワード
  • プレミア12

 

といったオフシーズンの注目される内容を放送してくれます。

 

プロ野球セットはシーズンオフになると解約されがちですが、この機会に契約を新しくしてみるのもどうでしょうか?

 

↓スカパー!プロ野球セットの詳細ページへ↓
※申し込み月無料

 

 

プロ野球選手はシーズンオフの過ごし方で成績が変わってくる

 

現代のプロ野球はホントに、オフという期間が短くなったと思います。

 

ましては、キャンプ初日にブルペンに入る投手なんて私が小さいころはいませんでした。

 

オフの間に各選手のトレーニングの成果がレギュラーシーズンにもつながることは間違いないでしょう。

 

各球団の主力選手が頭となり、いろいろと自主トレの企画などを立て、そこに若手選手や女子プロ野球の選手などが参加し練習をしているケースも多いようです。

 

オフだからといって遊んでばかりはいられないようですね!

 

【自己流】プロ野球シーズンオフの楽しみ方を書き出した!

 

シーズンオフの出来事については↑で解説しました!

 

けど、「じゃあ実際にプロ野球ファンはどんな感じに過ごしているの?」って実感がわかないと思うので私のシーズンオフの楽しみ方を表にして紹介します!

 

10月 Aクラスに入れなかった原因を考える
11月 プロ野球がなくてホント暇になる
12月 ファン同士で忘年会を行う
1月 初詣で優勝祈願をする
2月 春季キャンプの見学へ行く
3月 オープン戦に観戦にいく

 

結論からいうと、プロ野球だけが趣味の人がシーズンオフを迎えるといくら楽しみ方を紹介してもちょっと喪失感が出てしまうんですよ!!

 

プロ野球シーズンオフがつまらない人への楽しみ方まとめ

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

さいごにざっくりとこの記事の内容をまとめておきます。

 

まとめ
  • オフでも選手を見れる機会は多い
  • でも12月と1月は選手を見れる機会が少ない
  • 若手選手ほどオフの期間は短く、実戦の場に出やすいのでファンの目にとまりやすい
  • 自主トレは各球団混合が当たり前に
  • 開幕が近づくと「順位予想」「開幕投手」「開幕スタメン」の話題になる

 

SNSの普及によって昔よりオフシーズンでも選手の情報はいつでも確認することが出来るようになりましたね!

 

あなたはプロ野球のオフシーズンはどんな過ごし方をしていますか?

この記事を書いている人 - WRITER -
ハマスタ一塁側・内野CかB席で観戦をしていることが多いです。試合の終盤になるとテンションが高くなります 笑 【好き】⇒から揚げ、豆腐ハンバーグ、ブログの更新、嫁
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク


スポンサーリンク







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© プロ野球情報局 , 2019 All Rights Reserved.