プロ野球が大好きなあなたの為のブログ

プロ野球のオフシーズンを楽しみ方って知ってますか?




武岡龍世に彼女はいる?出身や家族についてまとめてみた!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ハマスタ一塁側・内野CかB席で観戦をしていることが多いです。試合の終盤になるとテンションが高くなります 笑 【好き】⇒から揚げ、豆腐ハンバーグ、ブログの更新、嫁
詳しいプロフィールはこちら
  • 「2019年にヤクルトにドラフト6位で指名された武岡龍世ってどんな選手なのかな?」
  • 「武岡龍世選手はかわいいって評判だけど彼女とかいるのかな?」

 

とこの記事ではヤクルトにドラフト6位で入団となった武岡龍世選手について詳しく紹介をしています。

 

野球に熱い父親と共に育って来た武岡選手は、ドラフト6位ながらすでにメディアの注目を集めています。

 

また甲子園に出場していた時はドラフト好きのTwitterアカウントの多くが、「武岡選手はDeNA」が指名をするとツイートされていましたね。

 

プロ野球、ナンバーワン遊撃手と呼ばれている坂本勇人2世と呼び声もある期待の選手です!

 

武岡龍世選手のプロフィール

名前:武岡龍世(たけおか りゅうせい)

生年月日:2001年5月28日

出身地:徳島県吉野川市

身長:177cm

体重:77kg

ポジション:内野手

投打:右投げ左打ち

経歴:八戸学院光星高等学校→東京ヤクルトスワローズ(2019年ドラフト6巡目)

 

小学校時代から軟式野球部に所属し、この時に全国優勝を果たしています。

 

中学時代には徳島ホークスに所属し、1年生の時にカル・リプケン少年野球世界大会の日本代表に選ばれ、準優勝しています。

 

八戸学院光星高等学校でもその実力はとどまるところを知らず、1年生の春から遊撃手として出場。

 

2年生の春にレギュラーを獲得し、出場した甲子園でも初安打、初打点を記録しています。

 

三年生となり主将を務めた武岡選手ですが、この夏に出場した甲子園ではホームランを放つなどの活躍を見せました。

 

惜しくも準々決勝敗退とはなりましたが、そのU18日本代表に選出されました。

 

この大会で目立った結果を残すことはできませんでしたが、十分に実績を残して来たと思います。

 

武岡龍世選手の成績

 

年度 試合数 打率 本塁打数 安打数 打点 盗塁 出塁率
2020年

 

※赤字はキャリアハイの成績です。

 

武岡龍世選手の年棒(推定)

 

年度 年俸
2020年

 

※赤字はキャリア最高年棒

 

【武岡龍世選手の特徴】トリプルスリーも狙える選手

 

強打と堅守の内野手で、高校時代は主にショートを守っていました。

 

その打力は神宮と甲子園でバックスクリーンにホームランを放つほどのもので、さらには50m5秒9の俊足も兼ね備えています。

 

こう三拍子揃うと気が早すぎますが、トリプルスリーも狙えるのではないかと思ってしまいますね。

 

また一部では武岡選手自身も大好きな「坂本二世」なんて呼び声もあがっていたりします。

 

武岡龍世選手の中学時代について

 

中学時代、野球のクラブチームに所属していた一方で、学校では陸上部に所属していました。

 

その陸上では、徳島県大会の100m走で2位を獲得しています。

 

まさに運動神経抜群だったようなので、憧れの的だったのではないかと思います。

 

武岡龍世選手の彼女について

 

高校時代から武岡選手は注目されていて、きっとモテていたのではないか?

 

と思いSNSやGoogleで「武岡龍世 彼女」と検索をして調べてみました!

 

特に有力な情報は見つかりませんでした…ですが、学生時代にはイケメンと呼ばれていることもあったそうです!

 

ただ、「いそう」という予想は結構共通しているようです。

 

プロで活躍をしたら一気にイケメン選手の仲間入りをしてモテそうですね!

 

 

武岡龍世選手の父親はどんな人?

 

父親・克明さんは、武岡選手に野球を教えていて、“野球命”というほどの情熱っぷりでした。

 

息子の野球のこととなると目の色が変わり、母親も呆れるほどで、10万弱もする特注グローブを買ってあげたこともあるとか。

 

また時にはクラブの監督のサインではなく、見に来ていた父親のサインに従ったこともあると言います。

 

父親の指導は幼少の時だけではなく八戸学院光星高校に進学してからも続き、ビデオ電話を使ってのアドバイスもしていました。

 

この令和の時代にもこんなに熱い親子関係ならぬ、師弟関係があったんだなと思わされました。

 

武岡龍世選手の家族は「野球一家」だった

 

武岡選手の家族は本当に野球一家です。

 

実は、お兄さんも小学校時代から野球をやっていて、当時はエースで4番としてチームを全国制覇に導き、中学に進学後は野球の世界大会でMVPに輝くほどの活躍をしています。

 

高校時代は甲子園出場こそ叶わなかったものの現在は八戸大学で野球部に入団し、活躍を続けています。

 

兄弟揃ってプロ野球選手という日も夢ではないかもしれません!

 

また高校時代の両親の楽しみは武岡選手を応援しに行くことだったようで、地元の徳島から青森までかけつけていました。

 

しかも最初は飛行機移動でしたが、それだと試合が最後まで見れないという理由から、ここも父親・克明さんの決断により車で移動するようになったのだそうです。

 

母親のみどりさんの存在もとても重要で、父の厳しい練習の泣き言を言う先がみどりさんでした。

 

母親の心の支えがなかったらまた違う方向にいっていたかもしれないですし、このバランスが絶妙にとれている一家で、武岡選手はすくすくと、素晴らしい選手に成長できたのではないでしょうか?

 

武岡龍世選手についてまとめ

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます!

 

最後にこの記事をまとめます。

 

まとめ
  • 走攻守と三拍子揃った選手
  • 中学時代に徳島県大会の100m走で2位を獲得している
  • お兄さんも大学で野球を続けている
  • 家族揃って武岡選手を応援している

 

ドラフト6位ではあるものの、話題性も秘めていてチームに欠かせない選手になっていくのではないでしょうか!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ハマスタ一塁側・内野CかB席で観戦をしていることが多いです。試合の終盤になるとテンションが高くなります 笑 【好き】⇒から揚げ、豆腐ハンバーグ、ブログの更新、嫁
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク


スポンサーリンク







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© プロ野球情報局 , 2019 All Rights Reserved.