プロ野球が大好きなあなたの為のブログ

【プロ野球2019年シーズン】チケットが取れない時の裏ワザ




梅津晃大はイケメンで彼女はいる?成績や決め球をまとめた!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ハマスタ一塁側・内野CかB席で観戦をしていることが多いです。試合の終盤になるとテンションが高くなります 笑 【好き】⇒から揚げ、豆腐ハンバーグ、ブログの更新、嫁
詳しいプロフィールはこちら

この記事では、中日ドラゴンズの梅津晃大選手について紹介しています。

 

梅津選手は、潜在能力の高さを評価され、2018年のドラフト会議で根尾昴選手に次ぐ、2位で指名された期待の大型右腕です。

 

そんな梅津選手のプロフィール、特徴、彼女の噂、お母さんとの話についてまとめていきます。

 

甲斐野、上茶谷選手と同期で東洋大学の柱と言われていた選手だよ!

 

↓中日ドラゴンズの試合をTV・スマホで見たいあなたへ↓

>>【まとめ】中日ドラゴンズの試合中継をテレビ・ネットで見る方法<<

 

梅津晃大選手のプロフィール


名前:梅津晃大(うめつ こうだい)

生年月日:1996年10月24日

出身地:福島県福島市

身長:187cm

体重:92kg

ポジション:投手

投打:右投げ右打ち

経歴:仙台市立南小泉小学校→仙台育英秀光中学校→仙台育英学園高等学校→東洋大学→中日ドラゴンズ(2018年ドラフト2位)

 

梅津選手は、宮城の名門・仙台育英高校出身、2年春のセンバツでベンチ入りするものの出場機会はありませんでした。

 

大学は東都大学野球連盟の東洋大学に進学、同期には甲斐野央(現・福岡ソフトバンク)、上茶谷大河(現・横浜DeNA)、中川圭太(現・オリックス)がいました。

 

最速153キロを記録するなど大型右腕として注目されますが、大学通算は最終的に1勝止まり。

 

しかし、その高い潜在能力を評価され、2018年ドラフト会議で中日ドラゴンズから2位指名を受けました。

 

梅津晃大選手の成績

 

年度 登板 勝利 敗戦 S HP 投球回 奪三振 被本塁打 与四死球 防御率
2019

※2019年の成績はシーズン終了後に更新します

 

梅津晃大選手の年俸(推定)

 

年度 年俸(推定)
2019 1200万円

 

※赤字はキャリア最高年棒です

 

【梅津晃大選手の特徴】ストレートで押すスタイル

 

梅津選手は、最速153キロのストレートを軸に、変化球はスライダー、フォークを投げ分けます。

 

本人もストレートには自信があるようなので速球で押す投球スタイルのようです。

 

187cmの長身からの投げおろすストレートの球威はまだまだ成長の余地があるので、プロの世界でその球速を伸ばしていていってもらいたいですね。

 

梅津晃大選手の目標は大谷翔平選手!

 

梅津選手は、ドラフト指名時の記者会見で大谷翔平選手が目標と答えています。

 

大学時代には、大谷選手の体についてインターネットで知ってから肉体改造に取り組みウェートトレーニングの結果15キロの体重増量に成功したそうです。

 

梅津選手は、東北出身の大型右腕投手という意味で大谷選手と共通点があります、将来は大谷選手のように球速160キロを期待したいですね。

 

梅津晃大選手はイケメンで大学時代では人気だった!


梅津選手は、大学時代から俳優の速水もこみちさん似のイケメンと言われていて、そのルックスも注目されていました。

 

また、ネット上ではプロゴルファーの石川遼選手にも似ているという意見も見られました。

 

どちらにしても、さわやか系のイケメンという評価のようですね。

 

写真を見るとたしかにイケメンであり爽やかさもあるね!

 

これから活躍によっては、中日ドラゴンズの先輩である浅尾拓也投手コーチのように女性ファンからの人気も急上昇しそうです。

 

梅津晃大選手の彼女について

 

大学時代からイケメンでさわやかで有名だった梅津選手!

 

梅津選手に彼女がいてもおかしくわない!と思いGoogleやSNSで「梅津晃大 彼女」と検索をして調べてみましたが情報が見つかりませんでした。

 

おそらく梅津選手に現在、彼女はいないと思われます。

 

選手名鑑のアンケートでは好きなタレントとしては女優の吉岡里帆さんの名前を上げているようです。

 

吉岡さんと言えば癒し系かつ抜群のスタイルの持ち主梅津選手の彼女はこんなタイプの女性がなるのかもしれませんね。

 

 

梅津晃大選手のお母さんはドラフト直前に入院していた

 

ドラフト会議を直前に控えた、2018年10月中旬に梅津選手の母・明美さんが脳出血で倒れて入院しました。

 

幸い命には別状が無かったのですがリハビリのために長期の入院が必要となったそうです。

 

その後、梅津選手は中日からドラフト2位指名されるわけですが内心ではお母さんのことが心配で気が気ではなかったでしょう。

 

ドラフト指名後の仮契約の時の契約金の使い方を聞かれると「母の入院費にする」と答え、リハビリに専念する母に負けないように頑張りプロで成功する決意を表しました。

 

梅津選手にとってお母さんのリハビリとの競争がプロ入り後のモチベーションになっていることだと思います。

 

梅津晃大選手についてまとめた

 

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。最後に梅津晃大選手についてまとめます。

 

梅津晃大選手について
  • ストレートの最速は153キロ、目標とする大谷翔平選手のように160キロを目指せる大型右腕
  • 現在、彼女はいない
  • 好きなタイプは吉岡里穂さんみたいな方
  • ドラフト会議直前でお母さんが入院、契約金はそのリハビリ入院費にする

 

こんな感じです。お母さんのためにも1軍でバンバン力を発揮してほしいですね!

 

梅津晃大選手の他にも中日ドラゴンズの選手についてまとめています。

 

続きはこちら⇒⇒中日ドラゴンズの色々な情報をまとめた記事はここ!

この記事を書いている人 - WRITER -
ハマスタ一塁側・内野CかB席で観戦をしていることが多いです。試合の終盤になるとテンションが高くなります 笑 【好き】⇒から揚げ、豆腐ハンバーグ、ブログの更新、嫁
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




スポンサーリンク







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© プロ野球情報局 , 2019 All Rights Reserved.