プロ野球が大好きなあなたの為のブログ

プロ野球のオフシーズンを楽しみ方って知ってますか?




プロ野球の新人王2019年版!セリーグ受賞予想選手【まとめ】

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ハマスタ一塁側・内野CかB席で観戦をしていることが多いです。試合の終盤になるとテンションが高くなります 笑 【好き】⇒から揚げ、豆腐ハンバーグ、ブログの更新、嫁
詳しいプロフィールはこちら
  • 「2019年シーズンのセリーグの新人王の候補ってどのくらいいるのかな?」
  • 「そういえば新人王の条件ってなんだっけ?それをクリアしていて候補選手ってどのくらいなのかな?」

 

といった方にこの記事では新人王の条件をクリアしていて受賞候補者ピックアップし予想をしていきたいと思います。

 

プロ野球も7月が終わり、いよいよ色んな意味で各チームにとって、正念場となる“勝負の終盤戦”に突入しますね!

 

ここではセントラルリーグの2019年シーズンの新人王争いをチェックしていきたいと思います!

 

白熱した優勝争いを予感させる、横浜の快進撃に、王者広島の追い上げ、巨人が逃げ切ることができるか。

 

大型連勝に大型連敗の目立つ今年のセリーグと、まさに優勝の行方にCSの行方も最後まで見逃せないシーズンですね!

 

そこでチェックしておきたいのが順位争いももちろんですが、同様に熱く繰り広げられる新人王争いです!

 

成績重視ではありますが、多少私の観点も多少入ってしまうかもしれませんが紹介していきたいと思います!

 

終盤戦チームの命運も左右する新人選手の活躍をチェックしていきましょう!

 

プロ野球の新人王【条件ってなに?】

 

新人王に選ばれるためには↓このような条件が設定をされています。

 

  • 支配下選手に登録されてからプロ入り5年目以内
  • 投手として前年までの投球イニングが通算でイニング以内
  • 打者として前年までの打席数が60打席以内
  • 日本プロ野球に所属前に海外プロ野球での経験がない

 

※上記の件を満たしていれば外国人選手でも資格を得ることになる。

 

例:ユリエスキ・グリエルはキューバにプロリーグがないので新人王資格に該当していた。

 

新人って書かれるとどうしても1年目の印象になるけどプロ入り5年目までならOKなんだね!

 

プロ野球の新人王2019年シーズンのセリーグ受賞予想選手【まとめ】

 

1軍での成績などを見て、新人王資格保持者の中から10名を選出してみました。

 

1名ずつ紹介をしていきますね!

 

※成績は7月31日試合終了時点

 

プロ野球セリーグ新人王2019シーズン受賞予想選手1【小園海斗(広島)】

 

年度 試合 打率 打席 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 出塁率
2019 58 .213 197 188 40 4 16 1 .279

 

2018年ドラフト会議で1位指名のゴールデンルーキー広島の小園選手。7月に行われたフレッシュオールスターでも活躍!

 

低迷するチームで1番打者としての起用もあり中盤戦から1軍に昇格。

 

打席数が60を超え新人王資格は2019年が最後。現状の成績的には厳しいが、後半のチームの優勝争いの核になれるか注目。

 

↓小園海斗選手については詳しくはこちら↓

頑張って書いてますのでお待ちくださいm(__)m

 

プロ野球セリーグ新人王2019シーズン受賞予想選手2【若林晃弘(巨人)】

 

年度 試合 打率 打席 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 出塁率
2019 77 .239 273 234 56 5 21 11 .335

 

2017年ドラフト6位指名の2年目のスイッチヒッター

 

6月から一軍に定着し、主に1番打者としての起用が目立つ。規定打席に乗れば、一気に上位候補だが

 

成績を落とさずに残り300打席を50試合で到達できるかがターニングポイント。

 

↓若林選手については詳しくはこちら↓

頑張って書いてますのでお待ちくださいm(__)m

 

プロ野球セリーグ新人王2019シーズン受賞予想選手3【高橋優貴(巨人)】

 

年度 試合 勝利 敗戦 HP セーブ 投球回 奪三振 自責点 防御率
2019 18 5 7 0 0 93 89 33 3.19

 

 

2018年ドラフト1位に入団。ルーキーながら先発ローテーションに名を連ねるなど、

 

原監督の信頼も厚く、プロ初登板の阪神戦で見事勝利をあげ、春先の新人王争いでは一歩リードしている印象に見えた。

 

しかし、その後は足踏み。先発しても短いイニングでのノックアウトが目立ち、さらに先発投手陣のコマがそろっていることから中々登板機会に恵まれていない。

 

ローテを守れば6-8試合程度の先発が見込まれるが、結果が出なければ苦しい。

 

 

プロ野球セリーグ新人王2019シーズン受賞予想選手4【大貫晋一(DeNA)】

 

年度 試合 勝利 敗戦 HP セーブ 投球回 奪三振 自責点 防御率
2019 15 6 5 0 0 66.2 54 37 5.00

 

住友金属鹿島から指名の2018年ドラフト3位入団のルーキー。

 

けが人の続出した春先に、満を持して開幕ローテに名を連ね、苦しい台所事情を支えた。

 

5勝をマークしているが交流戦までに全てあげたもの。

 

交流戦以降は打ち込まれるケースが多く明らかなスタミナ不足を露呈。

 

被打率も3割を超えており、春先のキレのあるボールには程遠い。

 

中6日ローテはしんどそうだが、谷間での登板がメインになるがギリギリいけるか2桁。

 

 

プロ野球セリーグ新人王2019シーズン受賞予想選手5【木浪聖也(阪神)】

 

年度 試合 打率 打席 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 出塁率
2019 113 .262 390 363 95 4 32 2 .288

 

2018年ドラフト3位ルーキー。堅実な守備を武器に、開幕から阪神不動の遊撃手としてレギュラーを確保

 

しかし、得点圏打率が2割台前半という不振も重なり、助っ人外国人マルテにレギュラーを奪われてしまった。

 

疲労がとれ8月からは1軍に合流して活躍中。

 

 

プロ野球セリーグ新人王2019シーズン受賞予想選手6【遠藤敦志(広島)】

 

年度 試合 勝利 敗戦 HP セーブ 投球回 奪三振 自責点 防御率
2019 34 1 1 7 0 42.2 38 15 3.16

 

6月ごろから一軍に定着。霞ヶ浦高校から2017年ドラフト5位で入団。

 

高いリリースポイントから勢いのあるボールを投げる。点差に関係ない場面での起用が多いのが気がかり。

 

接戦での起用が増えれば印象もよりよくなるでしょう。

 

現状では数字からしか判断ができませんが、防御率2点台前半の中継ぎ投手であれば勝ちパターンでも面白い。

 

↓遠藤選手については詳しくはこちら↓

頑張って書いています<(_ _)>

プロ野球セリーグ新人王2019シーズン受賞予想選手7【床田寛樹(広島)】

 

年度 試合 勝利 敗戦 HP セーブ 投球回 奪三振 自責点 防御率
2019 25 7 6 0 0 139.2 101 46 2.96

 

2016年ドラフト3位入団。3年目の左投手。キレのあるストレートを中心に最速150キロ。

 

1年目から登板するなど、期待の大きい選手ではあったがケガの影響で昨年は登板なし。

 

今シーズン6勝をあげ、規定投球回数もクリア。まず大台の2桁勝利に乗せたいところ。

 

安定した投球ができる投手で大崩れしない部分も、安定感の秘訣でしょう。

 

↓床田選手については詳しくはこちら↓

頑張って書いています<(_ _)>

 

プロ野球セリーグ新人王2019シーズン受賞予想選手8【上茶谷大河(DeNA)】

 

年度 試合 勝利 敗戦 HP セーブ 投球回 奪三振 自責点 防御率
2019 25 7 6 0 0 134 102 59 3.96

 

横浜の先発投手陣を支えるドラフト1位ルーキー。

 

前半戦は勝ち運に見放されたが、球団史上初の新人6連勝と話題性もばっちり。

 

投げる度に良くなっている投手なだけに11‐13勝あたりでまとまれば、新人王の可能性も見えてきますね。

 

 

プロ野球セリーグ新人王2019シーズン受賞予想選手9【村上宗隆(ヤクルト)】

 

年度 試合 打率 打席 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 OPS
2019 143 .231 593 511 118 36 96 5 .813

 

2017年ドラフト2位入団の侍JAPANにも選出された若き大砲。

 

チーム事情からサードやファーストを守っているが、打撃ではその存在を遺憾なく発揮してくれていますね。

 

もはや、不調のチームで唯一の明るい話題といったところでしょうか。

 

4番などクリーンアップをつとめ、すでに本塁打は30本を超えています。

 

打点ランキングでも上位に名を連ねているので、チャンスに強いことが良くわかりますね。

 

 

プロ野球セリーグ新人王2019シーズン受賞予想選手10【近本光司(阪神)】

 

年度 試合 打率 打席 打数 安打 本塁打 打点 盗塁 出塁率
2019 142 .271 640 586 159 9 42 36 .313

 

3拍子バランスの取れた、阪神不動の1番打者。

 

横浜スタジアムでの山崎投手からの逆転ホームランが印象的ですね。

 

交流戦明けから調子を落としたが、オールスターではサイクル安打と復活

 

後半戦も徐々にではあるが、調子が戻って来ている。

 

30盗塁の大台がまずは目標。前半戦同様に打率が2割9分付近まで推移すれば、新人王争いでも一歩リードというところでしょうか。

 

 

【予想】プロ野球のセリーグの2019年新人王はこの選手が獲得する!

 

私は2019年の新人王はヤクルトの村上宗隆選手が新人王を獲得すると予想します!

 

理由
  • 高卒2年目で本塁打20本到達
  • 打点数も高い

 

この2つが大きな理由ですね。

 

阪神の近本選手が30盗塁を達成すればまだわかりませんが、それでも他の新人王候補選手よりかは大きくリードをしています!

 

プロ野球の新人王2019年シーズンのセリーグ受賞選手発表はいつ?

 

「セリーグの新人王の発表っていつなの!?」って思いますよね?

 

毎年行われるプロ野球の年間表彰式である「NPB AWARDS」にて発表があります。

 

CSのチャンネルで毎年放送をしています。今年は11月26日に予定されいます!

 

この表彰式で発表がありますので、シーズン終わってから1ヶ月くらいはドキドキですね!(笑)

 

⇒⇒【NPBアワード2019】チケットや放送情報などについてはここから

 

【まとめ】プロ野球の新人王2019年版のセリーグ受賞予想選手

 

最終的な有力候補では、近本選手、村上選手、上茶谷選手、床田選手あたりまでの4名が有力候補でしょうか。

 

投手では2桁。野手では打率3割というところがひとつの指標になってきますが、それぞれ特性が異なる選手が多いです。

 

正直残りの50試合でどこまで成績を伸ばせるかがカギになりそうですね。

 

チームの成績ももちろん楽しみですが、一緒に合わせて若き中心選手たちの活躍もチェックしていきましょう!

 

↓パリーグ側の新人王の候補についても記事にしています↓

>>【プロ野球・新人王】2019年のパリーグ受賞予想選手をまとめた!<<

この記事を書いている人 - WRITER -
ハマスタ一塁側・内野CかB席で観戦をしていることが多いです。試合の終盤になるとテンションが高くなります 笑 【好き】⇒から揚げ、豆腐ハンバーグ、ブログの更新、嫁
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク


スポンサーリンク







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© プロ野球情報局 , 2019 All Rights Reserved.