プロ野球のちょっとした豆知識を知りたい人へ




【最新版】西武戦の中継をTVやネットを使って見る方法まとめ!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ハマスタ一塁側・内野CかB席で観戦をしていることが多いです。試合の終盤になるとテンションが高くなります 笑 【好き】⇒から揚げ、豆腐ハンバーグ、ブログの更新、嫁
詳しいプロフィールはこちら

この記事では西武の試合をテレビやインターネットを使って見る方法をまとめていきます。

 

2018年シーズンは「山賊打線」と呼ばれ圧倒的な打線力でリーグ優勝をした埼玉西武ライオンズ。

 

どのイニングでも大量得点をあげることができる打線なので見ていて楽しいチームですよね。

 

この記事がおすすめの人
  • 西武の試合をとことん楽しみたい人
  • 西武の試合をできるだけ安く見たい人
  • TVやネットで西武戦を見る方法を知りたい人

 

こういった悩みを持っている人にこの記事はおすすめです。

 

プロ野球の配信サービスは今では多数あります。料金や配信コンテンツはどのサービスもバラバラで判断が迷ってしまいます。

 

もし、いろいろなサービスに契約するのがめんどうで西武の試合をとことん楽しみたいならスカパー!プロ野球セットが契約をするべきです。

 

↓西武の試合を全試合みたい人へ↓
※申し込み月無料

 

 

西武戦の中継をテレビで見る方法

 

まずは埼玉西武ライオンズの試合を

 

  • 地上波放送
  • BS放送
  • CS放送

 

この3つで放送をしてくれる局を1つずつ紹介をしていきます。

 

地上波で西武戦をみる

 

地上波放送で西武戦を見るなら埼玉県在住なら「テレ玉(テレビ埼玉)」がおすすめです。

 

テレ玉なら主催試合を多く放送をしてくれます。ですが埼玉県内に住んでいないとテレビ埼玉の視聴はできないのがデメリットですね。

 

埼玉県外に住んでいる西武ファンが西武戦を地上波で見るには他球団の地元放送局か交流戦くらいになります。

 

BS放送で西武戦をみる

 

  • BS-NHK
  • BSー日テレ(巨人の主催試合)
  • BSー朝日
  • BSーフジテレビ
  • BS-12(トゥエルビ)

 

この5つのBS放送局がプロ野球の試合を多く放送をしてくれます。

 

特にBS-12(トゥエルビ)ではパリーグの試合を無料で放送をしてくれます。視聴するにはリモコンで「BS」ボタンを押してから「12」チャンネルを押せば簡単に見ることができます。

 

CS放送で西武戦をみる

 

CS放送では「フジテレビTWO」で西武の主催試合を全試合放送をしてくれます。

 

シーズンオフでは「ライオンズTV」といった西武ファンにはたまらない情報番組が放送されます。

 

西武の試合だけでなく「フジテレビTWO」ではアニメやフジテレビのドラマを見ることができます。

 

フジテレビTWO
  • スカパー!
  • J COM
  • ひかりTV
  • ケーブルテレビ

 

この4つに契約をしていれば視聴をすることができます。例えばスカパー!でフジテレビTWOに契約をしようとすると↓このような料金になります。

 

フジテレビTWO単体契約 1,080円
スカパー!セレクト10 2,808円
スカパー!セレクト5 1,980円
プロ野球セット 3,980円

 

安さだけで見るならフジテレビTWOに単体契約をするのがもっとも安いです。

 

主催試合だけを見るのに料金を払うなら+3,000円で西武の試合をすべて見れるプロ野球セットも良いと思います。

 

他球団の主催試合を放送してくれるCS放送は

 

  • テレ朝ch 2
  • スカイ・A
  • GAORA
  • J SPORTS1、2、3、4
  • 日テレG+
  • TBSチャンネル2
  • 日テレNEWS24
  • FOXスポーツ&エンターテイメント

 

このようにあります。このチャンネルを単体で契約をしていくと料金が非常に高くなってしまうためスカパー!のプロ野球セットがおすすめです。

 

↓スカパー!のページへ↓
※申し込み月無料

 

西武戦をネットを使って見る方法

 

次には西武の試合をインターネットを使って見る方法を紹介していきます。

 

1 DAZN
 スカパー!プロ野球セット(アプリ版)
 パ・リーグLIVE
4 Rakuten・パリーグ・スペシャル
5 ニコニコプロ野球チャンネル

 

この5つがおすすめです。1個ずつ紹介をしていきます

 

DAZN

 

DAZNのプロ野球配信では以下の10球団の主催試合を配信してくれます。

 

  • 読売ジャイアンツ
  • 阪神タイガース
  • 横浜DeNAベイスターズ
  • 中日ドラゴンズ
  • 福岡ソフトバンクホークス
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • オリックス・バファローズ
  • 千葉ロッテマリーンズ

 

ヤクルトと広島の主催試合の配信はしてくれないので、交流戦のときは見ることができませんね。

 

オープン戦も含めてDAZNでは多くの試合をインターネットで配信をしてくれます。

 

Fire TV Stick、Chromecast、Apple TVがあればTVでもDAZNを利用することができます。

 

DAZNは現在1カ月無料体験ができて、体験期間中でも退会ができるので気軽に始められます。

 

↓DAZNの公式を見てみる↓
※1カ月無料体験中

 

スカパー!プロ野球セット(アプリ版)

 

スカパー!プロ野球セットに契約をしていれば誰でも無料で利用をすることができるのがこのアプリです。

 

このアプリのポイント
  • ワンタッチで好きな試合をみることができる
  • ダウンロードするだけですぐに利用できる
  • 西武の選手情報がわかりやすい

 

ダウンロードはこちらから↓iPhone・androidの両方の端末でアプリを使う事ができます。

 

スカパー!プロ野球セットアプリ

スカパー!プロ野球セットアプリ

SKY Perfect JSAT Corporation無料posted withアプリーチ

 

パ・リーグLIVE

 

パ・リーグLIVEはYahoo!プレミアム会員専用のプロ野球配信サービスです。

 

このサービスのポイント
  • パリーグの公式戦全試合
  • パリーグのクライマックスシリーズ
  • 交流戦(パリーグ主催)

 

といった試合を配信してくれます。ソフトバンクとワイモバイル(スマホプラン、データプラン)を利用している人は6カ月無料で利用をすることができます。

 

↓yahoo!プレミアム会員の詳細ページへ↓
※最大6カ月分無料

 

Rakuten・パリーグ・スペシャル

 

Rakuten パ·リーグ Specialというのは楽天会員向けのプロ野球配信サービスです。

 

 

このサービスのポイント
  • LIVE配信中でもシーンの巻き戻しが可能
  • スロー再生でじっくり見れる
  • イニングごとに動画を再生できる
  • アプリ内で試合をダウンロードすればオフラインで見ることができる
  • 利用すると楽天ポイントがたまる

 

まさに楽天会員のためのプロ野球配信サービスとなっています。

 

↓Rakuten パ·リーグ Specialのページへ↓
※31日間無料体験中

 

ニコニコプロ野球チャンネル

 

2019年シーズンは横浜DeNAベイスターズで交流戦を行います。

 

なのでニコニコプロ野球チャンネルで無料でベイスターズ対埼玉西武ライオンズの試合を見ることができます。

 

ニコニコプロ野球チャンネルを解説した記事を別で用意してありますので↓こちらをご覧ください。

 

 

西武戦をテレビ・ネットを使って目的別にわけてみた

 

  • 「西武戦をとことん楽しみたい!」
  • 「できるだけ西武戦を安く見たい!」

 

といった方のためにこの2パターンの場合はどのような配信サービスに契約をした方が良いのか紹介をしていきます。

 

西武戦をとことん楽しみたい人

 

西武の試合をすべてとことん楽しみたい人はスカパー!プロ野球セットに契約した方が良いです。

 

シーズンが終わっても解約をすることができるので費用を抑えて利用をすることもできます。

 

また申し込み月は無料で利用をすることもできます。

 

↓スカパー!プロ野球セットの申し込みページへ↓
※申し込み月無料

 

西武戦をできるだけ安く見たい人

 

できるだけ安く西武戦を見たいなら地上波放送やBS12を使って試合を見ることができますが、試合数が限られてしまいます。

 

なので配信試合数や料金をみてもDAZNがコスパ的に1番おすすめです。

 

プロ野球だけのでなく様々なスポーツを配信してくれて、1カ月無料で体験をすることができます。

 

↓DAZNの公式ページへ↓
※1カ月無料体験中

 

西武戦をテレビ・ネットを使って中継を見るなら結局どれが良い

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

結局のところ西武戦を全試合、プレイボールからヒーローインタビューまでがっつり見たいならスカパー!プロ野球セットが最強です。

 

他にも全球団の試合をテレビやネットで見る方法をまとめていますのでそちらも合わせご覧ください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ハマスタ一塁側・内野CかB席で観戦をしていることが多いです。試合の終盤になるとテンションが高くなります 笑 【好き】⇒から揚げ、豆腐ハンバーグ、ブログの更新、嫁
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




スポンサーリンク







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© プロ野球情報局 , 2019 All Rights Reserved.