プロ野球のちょっとした豆知識を知りたい人へ




阪口皓亮に彼女はいる?球種や年棒は?母に恩返しで年棒アップへ!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ハマスタ一塁側・内野CかB席で観戦をしていることが多いです。試合の終盤になるとテンションが高くなります 笑 【好き】⇒から揚げ、豆腐ハンバーグ、ブログの更新、嫁
詳しいプロフィールはこちら

横浜DeNAベイスターズに2017年にドラフト3位で入団をして阪口皓亮選手。

 

この記事では阪口選手の彼女の有無や球種や年棒。身内の情報をまとめて紹介をしています。

 

初登板となった阪神戦では5回を無失点に抑えて将来のエース候補としてベイファンの間では人気の選手です!

 

また投球スタイルを調べてみたらベイファンなら誰もがしっているリーゼントが特徴のあの人と似ていました!

 

ヤクルトの小川監督が当時「一番の投手」とコメントをしていた逸材だよ!

 

↓ベイスターズの全試合をスマホ・TVで見よう↓

>>ベイスターズの試合中継をテレビ・ネットで視聴する方法まとめ<<

 

阪口皓亮選手のプロフィール


名前:阪口皓亮(さかぐち・こうすけ)

生年月日:1999年8月15日

出身地:大阪府大阪市

身長:186cm

体重:77kg

ポジション:投手

投打:右投左打

経歴:大阪市立三軒家東小学校~大阪市立大正東中学校~北海高校~横浜DeNAベイスターズ(2017年ドラフト3位)

 

小学校2年生から野球を始める。中学校では硬式野球チーム大正ボーイズに所属。巨人の比嘉堅伸選手(2017年育成ドラフト1位)とは小学校と中学校でバッテリーを組んでました!

 

また横浜DeNAベイスターズでチームメイトになる山本祐大選手(2017年ドラフト9位)は中学校の1学年上の先輩。

 

高校は南北海道の名門で、全国最多の夏の甲子園出場回数を誇る北海高校へ野球留学!2年夏にチームは甲子園準優勝。阪口投手は打撃投手でベンチ外。

 

3年生の夏の同予選は背番号7として登板。背番号が指す通り、外野手と兼任であった。地方大会被打率は11点台、防御率は5点台。この時点では、ドラフト候補には到底ならず。

 

しかし、甲子園では一遍!フォーム改造から、わずか58球の投球ながら、阪口投手も「人生を変えた投球」でスカウト評価がうなぎのぼり。

 

このとき、自己最速を大幅にマークする148km/hをマークしました。

 

チームは初戦で敗れたが、甲子園での活躍が大幅に評価され、控え投手ながら、2017年ドラフト会議で横浜DeNAベイスターズから3位指名を受け入団。

 

 

阪口皓亮選手の成績

 

年度 登板 HP セーブ 投球回 奪三振 被本塁打 防御率
2018年
2019年

 

※2018年シーズンは1軍公式戦での登板はありませんでした。

2019年シーズンはシーズン終了後に随時更新していきます!

 

阪口皓亮選手の年棒(推定)

 

年度 金額
2018年 600万
2019年 600万

 

※金額は推定

 

阪口皓亮選手は球種で打者を幻惑する投手

 

腕のしなやかさの中に、ダイナミックなフォームと球種を混ぜ込み、打者を幻惑する投球が特徴

 

最速148km/hのしなやかに伸びる速球に、130km/h台で小さく左打者をえぐるカットボール、さらに110km/h程度の縦に大きくドロンと割れるカーブが投球の主体。

 

 

そう。。この球種に、ダイナミックな投球フォーム。まさに「番長2世」なのです!

 

いつかリーゼント!

 

横浜の18番は半永久欠番ですから、横浜にふさわしいエースになって背負ってほしいですね!

 

ただし、課題も明確!高校の3年生の公式戦では完投ゼロ。

 

プロでも、ファームでの実践登板でも浮き彫りになっていますが、まだまだ体力面では課題が残っています。

 

調子が悪いとボールが真ん中に集まりやすくなるなど、まだまだ、課題は山積みですが一つずつ階段をあがっていく姿を応援しましょう!

 

阪口皓亮選手に彼女はいる?

 

阪口投手のSNSなど拝見させていただきましたが、彼女らしき投稿はなかったです。

 

間違いなく将来有望な選手なので今は成長するために野球一筋なのではないでしょうか??

 

情報入り次第随時更新していきますね!

 

逆に、SNSを通じて思ったのは阪口投手が非常に後輩や仲間思いなところです。

 

 

夏になると、後輩たちにメッセージを毎試合送っていたのが印象的でしたね!

 

阪口皓亮選手はものすごく母親想い

 

実は阪口投手は母子家庭の環境で育ちました。プロの入団交渉の際にお母さんと共に出席。契約金は全てお母さんに渡したそうです。

 

お母さんは、子供たちに世話を焼かせないように必死に家系をやりくりして、阪口投手の野球を応援し続けたそうです。

 

女手一人で、阪口投手含めて3人のお子さんを育てました!

 

その恩に応えるためにも、阪口投手の目標はプロで活躍して、お母さんに「新しい家を買ってあげること」だそうです。

 

良い子過ぎるでしょ….(涙)

 

阪口投手が「何位でもいいからプロへ行きたい」と語ったは、子供の頃から育ててくれて、野球留学までさせてくれたお母さんへの恩返しが早くしたいという気持ちの表れだったのですね。

 

阪口皓亮選手の兄は弟のために我慢をしていた

 

阪口投手のお兄さん、詳しくは触れられていないのですがドラフト指名時に「兄は公立で我慢してくれた」と阪口投手が言っていることから、野球をやっていた可能性が??

 

学費のあまりかからない公立に進むことで、家を少しでも助けたいという意思、そして弟がプロ野球選手になりたいという夢を純粋に応援してあげられるお兄さん素敵だと思います。

 

3人兄弟の長男だけに、一番我慢して、一番弟を応援していたんでしょうね。

 

阪口皓亮選手についてまとめ

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。さいごにざっくりと阪口選手についてまとめておきます。

 

阪口選手について
  • 人生を変えた甲子園での58球
  • ハマの番長二世
  • 仲間思い
  • 母への恩返しは活躍して家を買うこと

 

となっています。プロで活躍をして早くお母さんに新しい家を買ってあげたいですね!

 

阪口選手以外にもベイスターズの選手についてまとめています。↓の青文字を押すと一覧ページにいけますので良かったら見ていってください!

 

↓横浜DeNAベイスターズ所属の選手一覧記事へ↓

>>ベイスターズの選手をさらに見にいく<<

この記事を書いている人 - WRITER -
ハマスタ一塁側・内野CかB席で観戦をしていることが多いです。試合の終盤になるとテンションが高くなります 笑 【好き】⇒から揚げ、豆腐ハンバーグ、ブログの更新、嫁
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




スポンサーリンク







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© プロ野球情報局 , 2019 All Rights Reserved.