プロ野球が大好きなあなたの為のブログ

プロ野球のオフシーズンを楽しみ方って知ってますか?




【プロ野球・リクエスト制度】成功率をまとめてた!ファンの反応は?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ハマスタ一塁側・内野CかB席で観戦をしていることが多いです。試合の終盤になるとテンションが高くなります 笑 【好き】⇒から揚げ、豆腐ハンバーグ、ブログの更新、嫁
詳しいプロフィールはこちら
  • 「リクエスト制度って名前は聞いたことはあるけどどんな制度?」
  • 「どんな時にリクエストできるの?」
  • 「ぶっちゃけ他の人はリクエスト制度はいらない?って思ってるのかな?」

 

という方にこの記事はおすすめとなっています。

 

2018年に申告敬遠制度と共に新たに日本プロ野球に導入された「リクエスト制度」

 

導入されてまだそんなに経っていないのでイマイチよくわからずモヤモヤしている方も多いのではと思います。

 

今回はそんなリクエスト制度について解説していきます。では始めていきましょう!

 

【プロ野球・リクエスト制度】いつから導入するようになったの?

 

もちろん良いジャッジをしてくれる判定もありますが、ここ数年の審判のジャッジは誤審が多いんですよね…

 

そういったことを踏まえてリクエスト制度は申告敬遠制度と同じく2018年シーズンから導入されました。

 

監督のリクエストにより審判の判断をリプレーを見て検証する制度です。基本的なルールは以下の通りとなっています。

 

  • リクエストは1試合で2回まで(ただし延長戦ではリセットされ両チーム共に一回のみ可能となる)
  • 判定が覆った場合のみリクエスト可能回数は減少しない
  • リプレー検証時間は5分以内で、かつその時間内において確証が得られない場合は最初の判定通りとなる

 

これによってこれまで覆すことが出来ず抗議しか手段がなかった誤審への対策が取られたといったことになっています。

 

審議に時間設定を設けているようじゃあんまり意味がない気がする

 

【プロ野球・リクエスト制度】対象となるプレイ

 

基本的には下で述べる対象外プレー以外のプレーについてはリクエストが可能です。

 

詳しくは後述します。

 

【プロ野球・リクエスト制度】対象外となるプレイ

 

現在リクエスト制度の対象外となっているのは次のプレーです。

 

  • ストライク・ボール判定
  • ハーフスイングの有無
  • 完全捕球の有無
  • 自打球の有無
  • 守備妨害
  • 走塁妨害
  • インフィールドフライ
  • 審判員より前方の打球
  • ボーク
  • 判定の協議後の再リクエスト

 

これらのプレーについてはリクエスト制度を用いることが出来ません。

 

 

【プロ野球・リクエスト制度】それでも誤審は起きてしまう

 

2018年6月22日のオリックス対ソフトバンク戦でリクエスト制度になって初めての大誤審がありました。

 

延長10回2アウト一塁の場面でソフトバンクの中村晃が右翼ポール際に放った一打を巡って問題が起きました。

 

ファウル判定にソフトバンク工藤監督がリクエストしリプレー検証の末に本塁打になり試合を決める勝ち越し2ランに…

 

試合後に審判団が再度映像を見たところ打球はポールの内側を通過していなかったとなり誤審を認めることとなりました。

 

これについてオリックス長村裕之球団本部長が特例としてファール直後からの再試合を要求する事態になるなど物議を醸しました。

 

最終的にこの試合の再試合は認められなかったんだよね…

 

 

【プロ野球・リクエスト制度】成功率を年数別でまとめて紹介していく

 

ここらは2018年より始まったリクエスト制度のシーズンごとの成功率を表にまとめていきます。

 

またその年のあった誤審集も合わせて掲載をしていきますね。

 

【プロ野球・リクエスト制度】2018年の球団別成功率

 

球団名 成功数 失敗数 成功率
広島カープ 14 30 32%
ヤクルトスワローズ 13 27 33%
読売ジャイアンツ 13 31 30%
横浜DeNAベイスターズ 15 37 29%
中日ドラゴンズ 16 22 42%
阪神タイガース 11 14 44%
西武ライオンズ 14 24 37%
ソフトバンク 10 16 38%
日本ハムファイターズ 09 27 25%
オリックスバファローズ 14 20 41%
千葉ロッテマリーンズ 17 33 34%
楽天イーグルス 08 20 29%

 

2018年度の試合ではセ・パ合わせて505回のリクエストがありました。

 

判定が覆ったのはそのうち170例で、約33%が覆ったということになります。

 

この数字を見て個人的には、これだけの数の誤審があったわけですからリクエスト制度導入は良かったのではと思っています。

 

ハーフスイングの扱いなのにリクエスト判定に異議でパットンが退場

 

岡本選手が「打ちにいこう」としていてスイングをした際に指がボールにあたってしまい死球判定に。

 

 

 

リクエスト判定の結果、死球判定は覆ることなく判定に抗議をしたパットン選手がそのまま退場処分となることがありました。

 

ですが、映像をみてもわかる通り岡本選手はボールに対してスイングで「打ちにいこう!」としているので審判側とベイスターズ側のリクエストの判定がずれておりこのようなことが起きてしまいました。

 

この件はいろいろ書きたいけど、打ちにいこうとしているのにデットボール判定をしてしまった誤審にだよね

 

【プロ野球・リクエスト制度】2019年の球団別成功率

 

シーズン終了後に情報を更新していきます。

 

 

大島選手のランニングホームランの件で大誤審が起きてしまう

 

ヤフオクドームで6日に行われた交流戦のソフトバンク対中日戦で大島選手のランニングホームランの判定でリクエスト判定しても誤審が起きてしまいました…

 

 

映像を見てもタッチよりさきに大島選手の手がさきにホームベースに触れているのがわかります。

 

ですがリクエスト判定の結果、タッチがさきと判断されアウトとなりました。

 

これについて審判側「(判定の)変更に値する確証を得られる映像がなかった」とコメントをしていてリクエスト判定のルールどおりになってしまたんですよね…

 

中日側は意見書を提出しようとしましたがリクエスト判定の結果による意見書は提出できないと断られてしまいました。

 

【プロ野球・リクエスト制度】採用されてからの野球ファンの反応

 

ここからはリクエスト制度が決まってからのファンの反応をみていきます。

 

 

全球場の正確に判定を機材の設置が必ず必要になりますね。

 

 

プライドが高い審判もいますからね…

 

冷静に公平にジャッジができる審判が育ってほしいです。

 

 

リクエスト制度導入直後はこういった方も多くいましたが、いまとなってはリクエスト中は球場は盛り上がっているので大成功だと思いますよ!

 

 

 

ファンの反応をまとめ
  • 「時間が掛かる」
  • 「人間味がなくなる」
  • 「審判があぐらをかいて必死にジャッジをしなくなる」
  • 「選手は1球に生活が掛かっているんだから審判もそのくらいの気持ちでやれ」

 

SNS上で確認する限りではちょうど半分くらいで賛成・反対が入り混じっているような印象ですね。

 

【プロ野球・リクエスト制度】成功率やファンの反応ついて:まとめ

 

ここまで読んで頂いてありがとうございました。最後にこの記事の内容をまとめておきます。

 

まとめ
  • リクエスト制度には賛否両論ある
  • リクエスト制度でも誤審はあった
  • 2018年はリクエストで約33%の判定が覆った

こんな感じとなっています。私的にはリクエスト制度の導入は賛成をしています。

 

皆さんも球場に応援をしに行くときはぜひこのような制度にも注目しながら見てみてはいかがでしょうか?

 

↓同じ時期に導入された申告敬遠についても解説をしています↓

>>【プロ野球・申告敬遠】メリットとデメリットを簡単にまとめた!<<

この記事を書いている人 - WRITER -
ハマスタ一塁側・内野CかB席で観戦をしていることが多いです。試合の終盤になるとテンションが高くなります 笑 【好き】⇒から揚げ、豆腐ハンバーグ、ブログの更新、嫁
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク


スポンサーリンク







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© プロ野球情報局 , 2019 All Rights Reserved.