プロ野球が大好きなあなたの為のブログ

プロ野球のオフシーズンを楽しみ方って知ってますか?




【プロ野球・申告敬遠】メリットとデメリットを簡単にまとめた!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ハマスタ一塁側・内野CかB席で観戦をしていることが多いです。試合の終盤になるとテンションが高くなります 笑 【好き】⇒から揚げ、豆腐ハンバーグ、ブログの更新、嫁
詳しいプロフィールはこちら
  • 「申告敬遠とかって名前は聞いたことはあるけどどんな制度?」
  • 「いったいこれらにはどんなメリットデメリットがあるの?」

 

という方にこの記事はおすすめとなっています。

 

2018年になって新たに日本プロ野球に導入された「申告敬遠」。

 

導入されてまだそんなに経っていないので利点がよくわからなかったりそもそもどういった制度なのかもわからない方も多いのではと思います。

 

今回はそんな申告敬遠制度についてメリットやデメリットを含めて解説していきます。

 

【プロ野球・申告敬遠】なぜ採用するようになったのか?

 

これまでは、バッターを敬遠するには必ず4球ボールを投げなければいけませんでした。

 

このケースでは別にバッターは打ちにいってはいけないといったことは無かったので、しばしば空振りをしたり時には打ってしまうこともありました。

 

こういったドラマが生まれる一方で、試合時間が長くなってしまうという問題も存在していました。

 

そこで導入されたのが「ピッチャーが投球しなくても監督が審判に敬遠を申告すればすぐに歩かせることができる」申告敬遠という制度だったのです。

 

【プロ野球・申告敬遠】メジャーリーグが初めて採用した

 

申告敬遠という制度が最初に導入されたのは2017年のメジャーリーグからです。

 

その後を追うような形で2018年には日本のプロ野球でも導入が開始されました。

 

つまり、かなり新しい制度ということです。

 

【プロ野球・申告敬遠】そのあと失点をした場合の自責点はどうなる?

 

基本的に申告敬遠は普通に敬遠した時とランナーの扱いと変わりません。

 

つまり申告敬遠で出したランナーがホームに帰ってきた場合は普通に申告敬遠した時のピッチャーの自責点になります。

 

申告敬遠後に打たれるなんてことがあったらたまったもんじゃないよね

 

【プロ野球・申告敬遠】メリットを紹介

 

ここからは申告敬遠を導入したことによって生じたメリットについてです。

 

申告敬遠のメリット
  • 試合時間の短縮
  • 投手の球数を抑えることができる
  • 敬遠中の暴投がなくなる

 

大きくこの3つが申告敬遠のメリットになりますね。

 

【プロ野球・申告敬遠メリット①】試合時間の短縮

 

まずは試合時間の短縮です。

 

わざわざ4球投げずとも敬遠ができるので球を余分に投げた分の時間の節約ができるということです。

 

リクエスト制度の追加もあってか2018年の試合時間は5分ほど伸びてしまいましたが、現地で観戦をよくしている私からしてみればあまり気になりません。

 

ただ、下で述べますがこのメリットについては反論も挙げられています。

 

【プロ野球・申告敬遠メリット②】投手の球数を抑えられる

 

もう一つはメリット1と同じとも言えますが、ピッチャーの球数を抑えることができるということです。

 

上記の通りわざわざ球を投げることがないので、ピッチャーの肩を少し温存することができます。

 

投手によっては球数制限を設けているチームもあるからね!

 

【プロ野球・申告敬遠メリット③】敬遠暴投の心配がなくなる

 

3つめは暴投の心配が無くなるということです。

 

いくら明らかに外す意図で投げてもやはり暴投という危険はいつもつきまといます。

 

そういった危険を回避することが出来ます。ただ、敬遠で暴投することも野球の1つという見方もあるのでどっちが正しいとは限れらません。

 

【プロ野球・申告敬遠】デメリットを紹介

 

次に申告敬遠導入によるデメリットになると思われることについて説明します。

 

申告敬遠のデメリット
  • 試合時間の短縮にはあまりならない
  • 敬遠がなくなるとドラマ性がなくなる
  • 現地やTVで見ていて申告敬遠がわかりにくい

 

大きくこの3つが申告敬遠のデメリットになりますね。

 

【プロ野球・申告敬遠デメリット➀】試合時間の短縮にはならない

 

実は申告敬遠でもそこまで試合時間の短縮にならないということです。

 

2018年からリクエスト制度の追加により審議の判定する時間が増えたことで2018年のプロ野球平均試合時間は5分伸びてしまいました。

 

また実際にアメリカの大リーグで計測してみた結果ではそこまでの短縮になっていないということが判明しています。

 

【プロ野球・申告敬遠デメリット②】ドラマ性がなくなってしまう

 

2つめは申告敬遠はドラマも何もないということです。

 

昔は新庄選手の敬遠球ヒットなど敬遠球を打つことによるドラマなどが有りました。

 

そういったものがなくなって人によっては楽しいと思わなくなる可能性があります。

 

【プロ野球・申告敬遠デメリット③】TVや現地で観戦をしている人にわかりずらい

 

3つめは、観戦者からみて敬遠であるということがわかりづらいということです。

 

時間短縮のためなのか球審に監督が申告敬遠の合図をするとバッターが急に1塁に歩き始めて場内にアナウンスが流れるだけなので非常にわかりずらいです。

 

球場は盛り上がっているから

 

実際の流れとして敬遠を申告するのは守備側チームの監督ですので、観戦しているときなどはなにをするのに出ていっているのかわかりづらいというのがあります。

 

【プロ野球・申告敬遠】年度別・球団別でどのくらいしているか表にした

 

ここからはシーズンごとにどのくらい申告敬遠がされているかシーズン別に表にしてみました。

 

【プロ野球・申告敬遠】2018年シーズンの球団別申告敬遠数

 

球団名 申告敬遠数
広島カープ 25
ヤクルトスワローズ 21
読売ジャイアンツ 24
横浜DeNAベイスターズ 56
中日ドラゴンズ
阪神タイガース 24
西武ライオンズ
ソフトバンク 11
日本ハムファイターズ 22
オリックスバファローズ 27
千葉ロッテマリーンズ 27
楽天イーグルス 36

 

申告敬遠を一番多くしたのはベイスターズ。

 

全体的に投手が打席に入るセリーグの方が申告敬遠数が増えているのかな?

 

と思いきやパリーグも申告敬遠をそれなりにしているチームがありますね。

 

この年ではもっとも多く敬遠をされたのは巨人の坂本勇人選手の10個になります。

 

【プロ野球・申告敬遠】2019年シーズンの球団別申告敬遠数

 

シーズン終了後に情報がでたらここに追記をしていきます。

 

【プロ野球・申告敬遠】導入されてからのファンの反応

 

ここからは申告敬遠の導入が決まったときのファンの反応を紹介していきます。

 

 

ぶっちゃけ敬遠暴投なんて1シーズンに1回あるかないかだから期待をするファンもそんないないと思う…

 

 

両方の意見をしっかりと把握しているファンもいますね!

 

ファンにとっては選手会が受け入れたなら良いというのもありですね。

 

 

見る側にとってはそうだと思いますが、プレイするのは選手なのでと思います。

 

 

ブーイングが醍醐味ってはまた違うと思いますが…

 

他にもこんな意見が
  • 「やるならもっとわかりやすくしてほしい」
  • 「次の打者が準備や狙い球を絞ることができなくなる」
  • 「申告敬遠後にサヨナラされるのよく見るからやめよう…」

 

SNS上で見る限りは賛否両論ですがやや反対派が多いように見えますね。

 

そしてその大体が上記したメリット・デメリットをベースにした意見ということも注目すべき点であると言えます。

 

打たれることが多いからってのはまた別の意見だね…

 

【プロ野球・申告敬遠】メリットとデメリットについて:まとめ

 

ここまで読んで頂いてありがとうございました。最後にざっくりこの記事のまとめです。

 

まとめ
  • 申告敬遠は若干反対派が優勢か?
  • 申告敬遠制度には問題点もある
  • メジャーリーグで一年早く導入されている
こんな感じとなっています。皆さんも球場に応援をしに行くときはぜひこのような制度にも注目しながら見てみてはいかがでしょうか?

 

↓同じ時期に導入されたリクエスト制度についても解説をしています↓

>>【プロ野球・リクエスト制度】成功率をまとめてた!ファンの反応は?<<

この記事を書いている人 - WRITER -
ハマスタ一塁側・内野CかB席で観戦をしていることが多いです。試合の終盤になるとテンションが高くなります 笑 【好き】⇒から揚げ、豆腐ハンバーグ、ブログの更新、嫁
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




スポンサーリンク







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© プロ野球情報局 , 2019 All Rights Reserved.