プロ野球が大好きなあなたの為のブログ

プロ野球のオフシーズンを楽しみ方って知ってますか?




石川雅規の全盛期はいつ?【カツオ】と呼ばれる理由や引退説ってマジ?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
  • 「石川雅規選手の全盛期はどのくらいすごかったの!?」
  • 「なぜ【カツオ】と呼ばれているの?」
  • 「引退説が出てるって本当!?」

 

と、石川雅規選手の疑問や噂のあれこれを知りたい方に、この記事はおすすめです。

 

昔からその風貌があまり変わらないため、いつになっても若手のように思われる石川選手。

 

しかし長年に渡ってヤクルトスワローズの屋台骨として活躍し、いつになっても欠かせない存在なのです。

 

そんな石川選手の成績やプロフィール、結婚や彼女について、また様々な噂について紹介していきます。

 

 

石川雅規選手のプロフィール

 

名前:石川 雅規(いしかわ まさのり)

生年月日:1980年1月22日

出身地:秋田県秋田市

身長:167cm

体重:73kg

ポジション:投手

投打:左投左打

経歴:秋田県立秋田商業高等学校→青山学院大学→東京ヤクルトスワローズ(2001年 自由獲得枠)

 

第79回全国高等学校野球選手大会では、秋田市立秋田商業高等学校のエースとして出場。

 

一回戦では、現・ソフトバンクホークスの和田毅と投げ合い、見事完投勝利をあげました。

 

続く2回戦の沖縄県立浦添商業高等学校戦では、完投こそしたものの8失点で敗退となりました。

 

当時から秋田県内では注目されており、大学は青山学院大学に進学。

 

ここで、今や石川選手の代名詞ともなったシンカーを習得し、東都大学リーグでもエースとして活躍しました。

 

さらに大学3年生の時には、シドニーオリンピックにも出場。

 

大学時代の通算成績は、51試合23勝8敗、防御率1.63、284奪三振、また、最高殊勲選手、最優秀投手、ベストナインの受賞もしました。

 

2001年の自由枠でヤクルトスワローズに入団。

 

石川雅規選手の成績

 

※表はスクロールできます

 

年度 登板 投球回 防御率 ホールド 被本塁打 奪三振
2002 29 178.1 12 9 3.33 0 20 104
2003 30 190 12 11 3.79 0 21 97
2004 27 163.1 11 11 4.35 0 21 72
2005 26 149.2 10 8 4.87 0 18 105
2006 29 151 10 10 4.53 0 12 81
2007 26 96.2 4 7 4.38 2 15 50
2008 30 195.0 12 10 2.68 1 21 112
2009 29 198.1 13 7 3.54 0 25 84
2010 28 186.1 13 8 3.53 0 20 98
2011 27 178.1 10 9 2.73 0 18 127
2012 27 172.2 8 11 3.60 0 14 100
2013 24 148.1 6 9 3.52 0 15 85
2014 27 165 10 10 4.75 0 20 101
2015 25 146.2 13 9 3.31 0 16 90
2016 20 116.2 8 8 4.47 0 15 52
2017 23 123.1 4 14 5.11 0 18 88
2018 22 110.2 7 6 4.88 0 19 78
2019 23 124.1 8 6 3.84 0 18 88
2020

※2019年の成績はシーズン終了後に更新します。

 

赤字はキャリアハイの成績です。

 

1年目から12勝をあげ新人賞に選ばれると、毎年安定した勝ち星を残し、入団から5年連続二桁勝利を達成します。

 

6年目の2007年は不調に終わったものの、2008年には初のタイトル「最優秀防御率」を獲得する活躍を見せ、「ゴールデングラブ」を獲得しました。

 

2009年、2010年と自身最多の13勝を連続で記録しました。

 

その後は、好調、不調を1シーズンの中や、年ごとに繰り返すものの、ここぞという時は気持ち良いほどに凡打の山を積み重ね2015年のリーグ優勝にも貢献しました。

 

2016年、2017年はまたもや不調に陥るも、2018年は7勝6敗と3年振りに自身の勝ち越しを決め、その健在っぷりを見せつけました。

 

石川雅規選手の年俸(推定)

 

年度 年俸(推定)
2002 1300万円
2003 3900万円
2004 7000万円
2005 8700万円
2006 1億円
2007 1億1500万円
2008 9500万円
2009 1億5500万円
2010 1億8000万円
2011 1億8000万円
2012 2億円
2013 2億円
2014 1億8000万円
2015 1億8000万円
2016  2億円
2017 1億8000万円
2018 1億2000万円
2019 9500万円
2020  

 

赤字は最高年俸です。

 

石川雅規選手の結婚相手(嫁)や子供について

 

大学を経ての入団ということもあり、石川選手の結婚はプロ入りからわりとすぐで、2年目の2003年シーズンオフに結婚していました。

 

お相手は一般人の女性で、青山学院大学時代の同級生でした。

 

また、奥さんは某航空会社の客室乗務員を勤めていたこともあったようです。

 

ちなみに2人の間にできた2人の子供は、「大耀(だいや)」と「栄寿(えいす)」という珍しい名前で、

 

その縁あって、石川選手はアニメ『ダイヤのA』で声優デビューを果たしました。

 

【石川雅規選手】全盛期はどのくらいすごかったの?

 

石川選手は、チームや自分がどんな状態であっても常に投げ続けています。

 

毎年同等の数字を残せるため、数字で見ると難しいのですが、あえて抜き出すならば全盛期は2008〜2011年あたりになるかと思います。

 

そして、特に何がすごかったかというと「緩急」、これに尽きます。

 

この動画で最後に放った球を見てもわかるように、決して剛速球を持ってはいませんしコントロールもずば抜けて精密なわけではありません。

 

それでも

 

  • 2種類のシンカーや
  • カツオカーブと名付けた90km/hそこそこのスローカーブ

 

この球をを中心にその他多彩な変化球と、平均130km/h台中盤のストレートの組み合わせでこのように見逃し三振に取ることさえできるのです。

 

絶好調の時は、この調子であれよあれよと気づいたら試合終盤まで来ているということが良くありました。

 

相手バッターもさぞ、手玉に取られるような思いをひしひしと感じていたのではないかと想像します。

 

石川雅規選手はなぜ【カツオ】と呼ばれているの?

 

自分の変化球に「カツオカーブ」と名付けるほど定着している【カツオ】というあだ名ですが、なぜ【カツオ】なのでしょう・・。

 

正解は、まさに『サザエさん』に登場する磯野カツオに似ているからだそうです。

 

顔がそっくりというより、短髪の髪型であったり全体的な雰囲気でしょうか。

 

本人も、最初はあまり好んでいなかったようですが2019年には「気に入ってます」とインタビューに答えている記事もありました。

 

永遠に小学5年生のカツオのように年を取らない石川選手には、ぴったりなあだ名であったのかもしれません。

 

石川雅規選手に引退説が浮上していた?

 

石川選手の引退に関する話は、調べて見ると、2017年のオフ前後に多く出ていたようです。

 

無理もありません。2017年の成績は、4勝14敗、防御率5.11ですので、年齢的にも、周囲に衰えを感じさせるものでした。

 

しかし本人は、現役続行を決意。2018年は、そんな話を払拭するように復調しました。

 

そして2019年シーズン途中、積み重ねてきた勝ち星はついに公表の身長と同じ167勝となりました。

 

2018年のオフには、200勝への意欲も語っていましたので、引退説はひとまず撤回しても良さそうです。

 

石川雅規選手についてまとめた

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

石川選手について
  • 石川雅規選手は、緩急の投球術で勝ち星を積み上げてきた。
  • 【カツオ】というあだ名は今は気に入っている。
  • 結婚していて二人のお子さんがいる
  • 引退はまだ先で、本人は200勝へ向け意欲満々。

 

自分の全盛期はまだまだこれからと語る石川選手は、2019年も相手に自分のバッティングをさせない投球術を常に探求し続けています。

 

今や貴重となりつつある200勝投手が誕生することを、切に願うばかりです。

この記事を書いている人 - WRITER -

スポンサーリンク


スポンサーリンク







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© プロ野球情報局 , 2019 All Rights Reserved.