プロ野球のちょっとした豆知識を知りたい人へ




DAZNの評判・1年間利用した私が【メリット・デメリット】まとめた!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ハマスタ一塁側・内野CかB席で観戦をしていることが多いです。試合の終盤になるとテンションが高くなります 笑 【好き】⇒から揚げ、豆腐ハンバーグ、ブログの更新、嫁
詳しいプロフィールはこちら

1年間DAZNを使ってプロ野球を見ている私がメリット・デメリットを徹底的に書き出しDAZNを評価していきます。

 

DAZNはプロ野球だけでなくプレミアリーグやモータースポーツといってスポーツ専用の配信コンテンツとして今、話題となっていますね。

 

この記事はこんな人におすすめ
  • DAZNに契約しようか悩んでいる
  • DAZNの魅力を知りたい
  • スカパープロ野球セットと比べてどっちがお得なのか?

 

といった方にこの記事はおすすめです。

 

「月額料金が安い(docomoユーザーはもっと安い)」「通信環境があれば、どこでも見れる」「DAZNでしか聞けない解説」という3点ではDAZNは優れています。

 

また申し込み月も無料で利用できるので気軽に始められるのも魅力の1つですね!

 

↓DAZNの登録ページへ↓
※1カ月無料

 

【DAZNの評判】使ってみての総評

 

おススメ度 料金 利便性 画質 リアルタイム度

 

野球が見たいけど、他の映像サービスと迷われている方は、この記事を読んでいただいて、まずはDAZNから始めてみることをおすすめします。

 

入ったけど、結局あまり見なかったという方も安心!ネットサービスなので違約金も解約金も発生しません。始めやすいサービスなのです。

 

それでは、DAZNのメリット、デメリットを詳しく見ていきますね!

 

【DAZNの評判】利用してみてのメリット

 

DAZNのメリット
  • 月額料金が安い(docomoユーザーには特典もある)
  • 通信ができればどこでも視聴可能
  • 10球団の全試合が見れる
  • DAZNでしか聞けない解説
  • 最初の1カ月は無料で利用できる

 

大きく分けてこの5つのメリットがあります。1つずつ解説をしていきますね!

 

DAZNのメリットその①:月額料金が安い(docomoユーザーは特典も)

 

DAZNは月額1750円(税抜)と非常に安く使用することができます。

 

さらに、docomoの携帯電話をお持ちの方はDAZN for docomo というdアカウントでDAZNに登録することで月額980円(税抜)で使うことができちゃいます!(月々の支払いは携帯と合算)

 

docomoユーザーは約半額でDAZNを使えちゃうのです!お得!!ちなみに!1750円でも高いと感じたあなた!

 

スカパー!プロ野球セット 3685円(税抜)
スカパー!サッカーセット 2759円(税抜)

 

つまり、DAZNならスカパー!よりもお得に、プロ野球もJリーグも見れちゃうのです。

 

DAZNのメリットその②:通信できればどこでも見れる!使い方はたくさん!

 

DAZNのサービスはインターネット回線を用いていますので、通信のできる環境さえ備わっていれば、お手持ちのスマホや、タブレットでどこでも見ることができます。

 

例えば・・・

 

  • 朝の通勤時間に、見逃した昨日の試合をハイライトでサクッとチェック
  • 夜の帰宅時間帯はナイターをリアルタイムで観戦。

 

など、隙間時間やどこでも好きな時に使用できるので非常に便利です!

 

 

こんな使い方も!実は、私も2018年シーズン最後、クライマックスシリーズのかかった最終戦で、甲子園での阪神対巨人戦。

 

神宮でのヤクルト対横浜戦はタブレットとテレビの”二刀流”で見ていました。

 

ここまで来ると純粋なプロ野球馬鹿ですね (笑)

 

中にはタブレットを球場に持ち込み、リクエストのビデオ判定の際に取り出して見ている人も!

 

今や4Kテレビのアプリ画面にもDAZNが表記されおり、テレビでの視聴も可能です!

 

楽しみ方は人それぞれですね!

 

DAZNのメリットその③:10球団の主催試合が見放題!

 

2019年シーズンは広島東洋カープ、東京ヤクルトスワローズの主催試合を除く、10球団での主催試合の観戦が可能!

 

地上波でほとんどプロ野球のやらなくなった現代では、SNSで文字で速報は見られても、夜のニュースのスポーツコーナーまで待たないと映像が見られないなんてことは日常茶飯事。

 

そんな悩みもDAZNならすぐに解決してくれます。

 

1試合を丸々振り返ってもいいですし、5分程度でまとめられる、便利なハイライト機能(試合終了後一定時間経つと放送)でチェックすることも可能です。

 

私はDAZNに加入してから逆に、シーズン中はスポーツニュースをほとんど見なくなりました。。

 

DAZNのメリットその④:DAZNでしか聞けない解説

 

実はDAZNの解説者は、ほぼ対戦チームのどちらかのOBが務めていることが多いです。

 

例えば、横浜戦だと、多村さん、佐伯さん、仁志さん、谷繁さんなどがあげられます!

 

地上波やBS放送ですと、局の担当解説者が担当するので、全然関係ないチームのOBだったり(それはそれで面白味があるのですが)するので、DAZNだと解説者が選手時代のチームのことなど、深い話をしてくれるので、コアな話を聞きたければおススメです!

 

DAZNのメリットその⑤:加入初月が無料で使用できる!

 

お試し感覚で試してみたいなという方は必見です!

 

DAZNは加入した日から1カ月間は無料で使用できるのです。

 

もし、他の映像サービスと迷っている方も、とりあえず試してみるというのはアリなのでは!?

 

【DAZNの評判】利用してみてのデメリット

 

さすがにメリットもあればデメリットもDAZNにはありますのでそこも紹介していきます。

 

  • 画質
  • 回線問題
  • 広島、ヤクルトの主催試合が見れない

 

といったデメリットはDAZNにはあります。

 

DAZNのデメリットその①:画質問題

 

DAZNはテレビ電波での配信サービスではなく、ネット配信のサービスになります。そこで少なからず、影響が出るのは画質。

 

 

さすがに、テレビのアンテナ線とネット配信の安定度は違いますよね・・・。

 

2018年に比べて2019年は「DAZNにしては画質良くなった!」という声もありますが、まだまだテレビ中継の方が綺麗に映ります。

 

DAZNのデメリットその②:回線が不安

 

回線混雑なのか、電波状況なのかが不明ですが、映像が止まりグルグルと回り始めて止まってしまうことがあります。

 

また、普通に見れていても、現地と1分程度のタイムラグがあることなどの、遅延があったりと通信面ではまだまだ改善の余地がありそうです。

 

 

DAZNのデメリットその③:広島とヤクルト主催試合が見れない

 

なんと、2018年シーズンは見れていた、広島、東京ヤクルト、この2球団の主催試合が2019年からDAZNで見れなくなってしまったのです。

 

広島は放映権の関係から仕方ないけどなんでヤクルト…

 

2018年は巨人戦だけが対象外でした。しかし巨人戦はほぼ、地上波かBSで試合中継が組まれており、そこまで不便を感じませんでしたが、2019年からは巨人が加わり、広島とヤクルトが放映権が取得できずに見れなくなってしまいました。

 

セントラルリーグのファンの方からするとかなりの痛手ですね。。。

 

DAZNの評判・口コミは通信関係で多い

 

DAZNの評判、口コミを見ていきたいと思います。

 

 

 

  • 野球だけじゃなくてサッカーも他のスポーツも追加料金なしだから良い!
  • 休憩中にDAZN見れる!
  • AmazonのFireTVでテレビで見れるようになって便利!

 

やはり月額のコスト面や、好きな時間に好きなスポーツコンテンツを楽しむことができる点、対応機器が多い面では、良い口コミが多いですね!

 

 

えぇ・・・そこまで求めちゃうの・・・。きびC・・・。

 

 

そのほかにも画質が悪いなど、やはり通信関係は苦言が多いようですね・・・。

 

DAZNに契約をオススメしたい人

 

実際に私がDAZNに加入をしてみておすすめだと思う人をピックアップしました!

 

DAZNがおすすめな人
  • 現地に中々足を運ぶことのできない人!
  • 野球見たいけど、スカパーはちょっと割高・・・という人!
  • とにかくリアルタイムで見たいという人!
  • 通勤時間や休憩中でも、映像でこまめにチェックしたい人!
  • パシフィックリーグファンの人!

 

このどれかに該当をする人はDAZNに入った方が良いです!

 

DAZNにはどうやったら入れるの?

 

DAZNに入るためにはまずは↓のボタンを押していただきトップページにいきます。

 

↓DAZNの公式ページへ↓
※加入日から1カ月無料

 

 

トップページにある「1ヶ月無料おためし¥0」をクリック!

 

メールアドレスと、引き落としのクレジットカードを登録すれば登録完了です!

 

docomoのアカウントをお持ちの方はdocomoユーザーはここからをクリック!

 

メールアドレスと、docomoのアカウントと紐づけが完了すれば、DAZN for docomoとして使用可能になります!

 

 

【DAZNの評判】メリット・デメリットまとめ

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。DAZNを実際に利用してみたの評価でした!

 

さいごにこの記事をざっくりとまとめておきます。

 

まとめ
  • 月額料金が安い(docomoユーザーはもっと安い)
  • 通信環境があれば、どこでも見れる
  • DAZNでしか聞けない解説
  • 画質はテレビより劣る
  • タイムラグがある
  • 1カ月間無料期間がある

 

このようになっています。スカパープロ野球セットと比べてどっちが自分にあったサービスなのか比べてみてくださいね!

 

スカパープロ野球セットと比べての記事を書いてあります。↓の青文字をおすと見ることができるので参考までにどうぞ!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ハマスタ一塁側・内野CかB席で観戦をしていることが多いです。試合の終盤になるとテンションが高くなります 笑 【好き】⇒から揚げ、豆腐ハンバーグ、ブログの更新、嫁
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




スポンサーリンク







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© プロ野球情報局 , 2019 All Rights Reserved.