プロ野球が大好きなあなたの為のブログ

プロ野球のオフシーズンを楽しみ方って知ってますか?




【クライマックスシリーズはいらない!?】問題点をまるっと紹介!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ハマスタ一塁側・内野CかB席で観戦をしていることが多いです。試合の終盤になるとテンションが高くなります 笑 【好き】⇒から揚げ、豆腐ハンバーグ、ブログの更新、嫁
詳しいプロフィールはこちら
  • 「ペナントレース1位のチームが2位とのゲーム差が10も離れていたらクライマックスシリーズってやらなくて良くない?」
  • 「正直、クライマックスシリーズのシステム自体問題だらけだらかいらないよね」

 

といった声がCS争いをしている夏場などに必ず出てきます。

 

ではなんでいらないと言われてしまうのか問題点を紹介していきます。

 

短期決戦で日本シリーズの進出枠を争うんだから賛否両論あるよね…

 

【クライマックスシリーズ】ってそもそも何なの?

 

クライマックスシリーズとは、レギュラーシーズンを3位以上で終えたチームが参加できるポストシーズンゲームのことを指します。

 

143試合のレギュラーシーズンを終えたのちに、短期決戦で日本シリーズ進出を争う同一リーグ内の試合のことを指します。

 

したがって、簡単に言うと現在のプロ野球ではリーグ優勝をしなくても日本シリーズに出られる権利を得ることができる制度のことです。

 

「ペナントレース優勝」とは別に「クライマックスシリーズ優勝」と枠組みが設定されているよ!

 

【クライマックスシリーズ】なんで始めるようになったのか?

 

この歴史は実は2004年シーズンまでさかのぼります。

 

当時、この制度に目をつけたのはパリーグでした。

 

特に集客に苦しんでいたパリーグは、福岡ドーム以外の球場ではほとんどが空席が目立つ形になっていました。

 

これは、当時観客動員数を実数で発表していないため、正確な数字は発表されていませんがグリーンスタジアム神戸でのオリックス戦などは相当、空席が目立ちました。

 

*横浜スタジアムは数えらるくらいの観客でも8000人て毎日掲載されてましたね(ひそひそ)

 

そのため、優勝争いのチームにのみ集客の集まる仕組みを変えるために導入したのがプレーオフ制度です。

 

ルールは今のクライマックスシリーズをなんら変わりはありません。

 

3位以上のチームが参加できる制度です。

 

そのため2位以下のチームの消化試合が減り、3位までに入れば日本シリーズに出られるという望みをかけての来客のアップを目的に導入されました。

 

2007年からセリーグでも導入され名称が現在のクライマックスシリーズになっています。

 

それに加えて、2位通過以上のチームは本拠地で開催ができますのでレギュラーシーズンプラスの収入を得ることができます。

 

CSのメリット
  • 消化試合が減る
  • 本拠地開催での試合が増えて球団の利益が増える

 

【クライマックスシリーズはいらない】問題点をまとめて紹介

 

ですがここ数年、クライマックスシリーズはいらないと言われていることが多くあります。

 

なんでクライマックスシリーズはいらないと言われてしまうようになったのか?

 

クライマックスシリーズの問題点について、ファンの方の反応や意見と共に見ていきたいと思います!

 

【クライマックスシリーズはいらない理由➀】リーグ優勝しても日本シリーズに出られない

 

ファンの方の思うクライマックスシリーズへの問題点はここでしょうか。

 

 

優勝したチームのファンは当然、条件的には圧倒的な有利の条件下でファイナルステージからクライマックスシリーズに参加します。

 

しかし、ファーストステージを勝ち上がってきた2位、3位チームに足元をすくわれてという形で敗退するケースも中にはあります。

 

  • 2018年埼玉西武ライオンズの敗退
  • 2017年広島カープの敗退

 

やはり143試合全力で応援してきたチームがたった数試合の短期決戦で敗れ、日本シリーズに進出できないということにはファンも納得ができないのでしょう。

 

実際、SNSなどの反応では巨人や広島のファンの方がかなり多く意見されていました。

 

下位のチームに負けて優勝できないことへのいら立ちも少なからずファンあるのかもしれませんね。

 

【クライマックスシリーズがいらない理由②】借金チームでも日本一になれる可能性がある

 

現状、レギュラーシーズンを借金を抱えたまま完走し日本シリーズへ進出したチームはいませんが、

 

昨年の読売ジャイアンツ同様に特にセリーグでは3位チームが借金を抱えたまま、クライマックスシリーズに進出しているケースがあります。

 

現状では、日本シリーズに該当チームが進出してないため、大きな意見にはなっていませんが現実になったときは優勝チームが黙っていないでしょう。

 

現状のシステムに移行したのは2008年になります。

 

2007年までのクライマックスシリーズや、プレーオフでは優勝したチームに対してのアドバンテージなんてものはなく。

 

さらにファイナルステージが5戦3勝ルールだったため、本拠地開催以外のメリットがまるでありませんでした。

 

2007年に5年ぶりに優勝した巨人軍があっさりとクライマックスシリーズ3連敗したのを受けて導入したのが優勝チームへの1勝アドバンテージになります。

 

当時は巨人のためだろ!って声も出ていたね

 

さらに6戦4勝にしたことで、さらに2位以下のチームにはきつい条件になっています。

 

しかし、現在の仕組みでは借金を抱えて進出したチームへの制裁はありません。

 

  • 出場権利の剥奪
  • ファーストステージからのアドバンテージ
  • ファイナルは2勝のアドバンテージ進呈

 

など今後、議論が白熱することは間違いないでしょう。

 

【クライマックスシリーズがいらない理由③】リーグ優勝の価値が薄れる

 

クライマックスシリーズのあることにより、リーグ優勝の価値が薄れるという声もちらほら。

 

パリーグのプレーオフ時代ではプレーオフの優勝チームにリーグ優勝の権利もついていくという事案が起きていました。

 

現行のクライマックスシリーズではリーグ優勝とクライマックスシリーズ優勝は別で扱われてます。

 

しかし、優勝したチームのファンからすると、やきもきした気持ちになることは間違いないでしょう。

 

143試合レギュラーシーズンを応援してきて、2位にも圧倒的な差をつけてもたった数試合で日本シリーズへの道を閉ざされてしまうのですからね。

 

ファンとしては当然、落胆する気持ちが大きいと思います。

 

ドラフトではリーグ優勝チームの順位が反映されますのでドラフトで「あ、リーグ優勝してたから順番最後なのか」と思い出すという方もちらほらいるようです。

 

【クライマックスシリーズ】代替え案もちゃんと検討されていた

 

ここ最近では、2017年に首位広島と14.5ゲーム差を離された横浜がクライマックスシリーズを勝ち上がり、日本シリーズに進出しました。

 

各メディアでは一斉に、この話題を取り上げクライマックスシリーズの反対派・賛成派と議論する討論番組までありました。

 

現行の代替えを訴えるファンやマスコミも多いですが現状では、この制度の代替えは不可能に近いです。

 

当時NPBの方でもクライマックスシリーズの制度について見直しや代替え案が検討されたけど結局は却下となってしまったからね…

 

なんでクライマックスシリーズの代替え案は却下となったのか?

 

MLB同様に球団数の多いリーグならまだしも、日本には12球団しかありません。

 

特に意見の多い、地区制度を導入してという話も出ましたがそもそもリーグ編成をがらりと変えなければなりません。

 

現行の球団数で3球団4リーグではそれこそ3チームすべてが借金チームになる可能性もあります。

 

借金を抱えたままリーグ優勝など、ありえませんよね。4球団3リーグにしても同様です。

 

そのため、代替え案を探すよりもアドバンテージによる、2位以下チームへの制裁などを入れていくことの方がよっぽど、現実的ですね。

 

 

【クライマックスシリーズはいらない!?】問題点をまるっと紹介:まとめ

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。最後にこの記事をさくっとまとめておきます。

 

まとめ
  • プレーオフから15年続くクライマックスシリーズの廃止は不可能に近い
  • 借金出場チームには、現行のシステムのまま、必要に応じてアドバンテージなどを加えていくべき
  • レギュラーシーズンでリーグ優勝しなくても、リーグ優勝に匹敵する集客は集められる。
  • NPBでも代替え案は検討されたが却下となってしまった

 

シーズンの対戦成績やゲーム差を見てアドバンテージを増やすのは賛成ですが、クライマックスシリーズの廃止については私は反対です。

 

シーズン1位のチームがクライマックスシリーズの敗退する可能性は限りなく低いと思っています。

 

疲労度やローテーション投手の温存などを考えると1位の球団が有利なのはあきらかだしね…

この記事を書いている人 - WRITER -
ハマスタ一塁側・内野CかB席で観戦をしていることが多いです。試合の終盤になるとテンションが高くなります 笑 【好き】⇒から揚げ、豆腐ハンバーグ、ブログの更新、嫁
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク


スポンサーリンク







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© プロ野球情報局 , 2019 All Rights Reserved.