プロ野球が大好きなあなたの為のブログ

プロ野球のオフシーズンを楽しみ方って知ってますか?




ベイスターズは何で阪神に弱いのか?マジで相性なのか徹底調査した!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ハマスタ一塁側・内野CかB席で観戦をしていることが多いです。試合の終盤になるとテンションが高くなります 笑 【好き】⇒から揚げ、豆腐ハンバーグ、ブログの更新、嫁
詳しいプロフィールはこちら

この記事では私自身が独断と偏見でなぜ横浜DeNAベイスターズは阪神タイガースに弱いのか?分析しています。

 

私自身ハマスタに現地応援にいきますが対阪神タイガースの現地観戦の通算成績は2016年から通い始めて勝11敗と見たくもない成績です。(2019年シーズン現在)

 

ハマスタでやる阪神戦は来るなよ!って言われてもおかしくない数字だね

 

現に職場の人に話してから同じことを言われていますよ!

 

でも応援したいから何度も阪神戦を見に行ってましたがとどめを刺したのはこの試合。

 

忘れもしません。2018年9月16日の試合でこのスコアをみてハマスタ阪神戦には観戦をしない!と心に決めました。

 

でもなんでベイスターズは阪神戦、いやハマスタでの阪神タイガース戦にめっちゃ弱いのか不思議でしょうがないので徹底的に調べてみました!

 

これを見て阪神に勝てないことを悔しいと思っているベイファンの気持ちが少しでも楽になれば嬉しいです…

 

↓阪神に弱くてもベイスターズが大好きなあなたへ↓

>>ベイスターズの試合中継をテレビ・ネットで視聴する方法まとめ<<

 

ベイスターズ対阪神のここ数年の対戦成績

 

親会社がDeNAになってからの阪神タイガースとの対戦成績を見てみます!

 

年数 対戦成績
2012年 10勝11敗3分
2013年 14勝10敗(*^〇^*)
2014年 8勝16敗
2015年 11勝14敗
2016年 9勝15敗1分
2017年 10勝14敗1分
2018年 8勝17敗
2019年 8勝16敗( ;∀;)

 

※赤字はシーズン勝ち越しを決めた年です。

 

  • 2012年から2015年までの中畑清元監督
  • 2016年から現在まではアレックス・ラミレス監督

 

この2名が横浜DeNAベイスターズになってからは監督なって阪神タイガースと戦っています。

 

中畑元監督の時は1度だけシーズン勝ち越しを決めた時はありましたがラミレス監督になってからは1度も阪神タイガースにシーズン勝ち越しを決めたことはありません…

 

※2019年7月2日~7月4日のハマスタ阪神戦でラミレス政権になって初めてハマスタ阪神戦でカード勝ち越しを決めました!

 

ちょっとひどいよね

 

じゃあハマスタでの阪神タイガース戦はどうなの?

 

「甲子園での阪神タイガース戦の成績が悪いんじゃないの?」と思いたくなる初心者なベイスターズファンのために同じようにハマスタでの阪神との対戦成績を出しておきます。

 

年数 対戦成績
2012年 6勝5敗1分
2013年 7勝5敗
2014年 4勝8敗
2015年 7勝6敗(*^〇^*)
2016年 3勝8敗1分
2017年 3勝8敗1分 
2018年 3勝10敗
2019年 4勝8敗

 

中畑元監督の時はハマスタ阪神戦はトラウマレベルじゃないけどラミレス監督になってからはもう悲惨だね

 

2019年5月の現在でラミレス監督に就任してからはハマスタでの阪神戦は1度もカード勝ち越しを決めたことがない!ってのは十分酷いです。

 

どうしてハマスタ阪神戦はここまで勝てないのか?ネタではなく本当に次は考えていきますね。

 

ベイスターズは何で阪神に弱いのか?

 

  • 苦手投手が多い
  • ハマスタに来ると阪神打線が元気になる
  • 阪神戦だと普段は起こりえないミスが起こる
  • 対策がちゃんとされているか不明

 

この4つが私が思うベイスターズが阪神に弱い理由だと思います。1個ずつ詳しく解説をしていきますね!

 

ベイスターズが阪神に弱い理由その➀:苦手投手が多い

 

とにかくベイスターズは阪神の投手を苦手としています。

 

  • メッセンジャー選手
  • 藤浪晋太郎選手
  • 西勇輝選手
  • 岩貞選手
  • 能見選手
  • ドリス選手

 

とあげればきりがないほどベイスターズは阪神の投手陣を打ち崩すことができません

 

藤浪選手やメッセンジャー選手は他球団に負けていてもベイスターズ戦になると人が変わったピッチングをするよね。

 

阪神は速球系のピッチャーが多くいます。でもソト選手だけ対阪神戦の成績は打率3割を超えていて全く苦手にしていません!

 

苦手投手を多い理由は?
  • 速球系のピッチャーが打てない
  • 苦手投手が多いとというより筒香選手が苦手とするタイプが多いからつながらない

 

ベイスターズが阪神に弱い理由その②:ハマスタに来ると阪神打線が元気になる

 

とまあ、SNSで面白い例えが出ていますが甲子園ではまったくホームランが出ない阪神タイガースでもハマスタに来ると花火大会のようにガンガンでます!

 

ほんと不思議だよね…

 

そもそも阪神タイガースは昔から投高打低のチームです。なのでホームランバッターというより中距離型のバッターを多くドラフトでは獲得します。

 

そのためか生え抜き選手が30本塁打を達成したのは掛布雅之さん以来誕生していません。

 

ですがハマスタの場合は球場の作り上「センター風が多い」「狭く設計されている」この2つの条件が重なっているため甲子園では外野フライでもハマスタではホームランといったあたりも多いです。

 

選手名 打率 本塁打
大山悠輔 .351 2
近本光司 .412
福留 孝介 .333 1
木浪 聖也 .318

※表は2019年9月2日現在のデータ

 

鳥谷選手や糸井選手といった2018年にハマスタでたくさん打っていた選手が調子悪くて打てなくても変わりに違う選手がハマスタで躍動しちゃいますからね…

 

スタメン9人中4人ほどがハマスタでの打率が3割を超えているとそりゃ元気になりますよね

 

阪神はビジター戦で一番ハマスタで得点をあげている要因はここもそうだね。

 

ベイスターズが阪神に弱い理由その③:阪神戦だと普段は起こりえないミスが起こる

 

次に阪神戦だと普段は起こりえないミスが連続して起こるんですよね…

 

大事な場面で守備や走塁エラー
相手がミスしたあとにこっちもミスする
平凡なフライを取りそこないそのあとにホームランをくらう

 

このようなことが平気でハマスタ阪神戦だとおこってしまいます…

 

 

関係はまったくありませんがハマスタ阪神戦では横浜スタジアムに住み着いている猫がたまに舞い込んできます。

 

ベイスターズが阪神に弱い理由その④:対策がちゃんとされているか不明

 

おそらくですがベイスターズの阪神のスコアラーを担当しているのは東野さんだと思われます。

 

 

↑のツイートを見てもらうとわかるとおり阪神の記事によくスコアラーとしてコメントを求められます。

 

  • 東野さんのスコアラー技術不足なのか?
  • それを上回る阪神の対策なのか?

 

どのような理由にしろ約3年間も同じ相手コテンパンにされているのはいただけません。東野さんが必死に集めたデータを首脳陣が生かし切れていない可能性もあります!

 

  • 試合前のミーティングをやらない
  • シートノックをしない

 

というのがハマスタ阪神戦の対策になっているみたいですね…

 

このコメントを見ると「阪神には打つ手がありません!」と言っているみたいなもんじゃないですか!

 

ファンならわかるけどあなた何年監督やってるのよ…

 

とツッコミを入れてやりたいです。なので東野さんがデータを集めても首脳陣がしっかりと対策をしているのか?ファンはすごく疑問です。

 

というか球団は対阪神の成績を良くするよう全力で検討するべきです!

 

どうすればベイスターズは阪神に弱いから抜け出せるのか?

 

ラミレス監督になってから一度もハマスタ阪神戦でシーズン勝ち越しがないので、簡単にいうと監督が辞めれば勝ち越せるという安易な希望が出てきます。

 

ですがそれでは意味がないので具体的に対策を立てるとするなら…

 

どうやったら阪神タイガースに勝てる?
  • 速球系のピッチャーに強くなる
  • 阪神戦でも普段の試合と変わらずプレイをしていく
  • 対阪神のスコアラーを増員する
  • 球団と首脳陣一丸となってちゃんと対策をとる!

 

ファンの私からしたらこれしか方法がありません!お願いですからハマスタ阪神戦で酷い試合はやめてください…

 

ベイスターズが阪神に弱い理由まとめ

 

こんな感情的な記事を最後まで読んでくれてありがとうございます。最後にざっくりとまとめておきます。

 

この記事のまとめ
  • ハマスタ阪神戦は2015年以来勝ち越しはない
  • ハマスタに来ると打ちまくる阪神の選手が多い
  • ベイスターズ打線が阪神の投手と相性が最悪
  • スコアラーがしっかりデータを取れているか疑問
  • スコアラーが取ってきたデータを首脳陣が活用しているか疑問
  • もはや対策が神頼みレベル

 

となっています。ベイスターズファンは「今回なら!」「今年は!」と阪神戦が始まる前になんども口にします。

 

心のどこかではみんな勝ち越しいや3タテをしてくれることを願っているのでその心をぶち壊す試合だけは本当にしないでください。

 

阪神側の視点で【阪神はハマスタがホーム?】なぜ成績が良いのかワケを考察した!という記事も書きましたので見ていってください!

この記事を書いている人 - WRITER -
ハマスタ一塁側・内野CかB席で観戦をしていることが多いです。試合の終盤になるとテンションが高くなります 笑 【好き】⇒から揚げ、豆腐ハンバーグ、ブログの更新、嫁
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




スポンサーリンク







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© プロ野球情報局 , 2019 All Rights Reserved.