プロ野球が大好きなあなたの為のブログ

プロ野球のオフシーズンを楽しみ方って知ってますか?




【アジアウィンターリーグ2019】中継や放送情報などをまとめた!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ハマスタ一塁側・内野CかB席で観戦をしていることが多いです。試合の終盤になるとテンションが高くなります 笑 【好き】⇒から揚げ、豆腐ハンバーグ、ブログの更新、嫁
詳しいプロフィールはこちら
  • 「2019年アジアウィンターリーグの放送や中継ってあるのかな?」
  • 「そもそもアジアウィンターリーグってなんなの?」
  • 「どういった選手達がアジアウィンターリーグに参加するのかな?」

 

とこの記事ではアジアウィンターリーグ2019年大会について詳しく解説をしています。

 

アジアウィンターリーグは若手の有望選手達がオフシーズンでも経験を積む場として注目されています。

 

このアジアウィンターリーグでは過去には「山田哲人選手(ヤクルト)」「岡本和真選手(巨人)」「村上宗隆選手(ヤクルト)」も参加をしていました。

 

そして2019年大会では台湾のコーチとして元ソフトバンクのムネリンこと川崎宗則さんも参加します。

 

残念ながら地上波やBSでの放送はありませんが、CS放送ではアジアウィンターリーグの中継があるのでそこらへんも詳しく解説をしていきますね!

 

【アジアウィンターリーグ2019】試合の日程について

 

2019年のアジアウィンターリーグはNPB公式サイトには表示されていませんが、外部には11月23日(土)~12月15日(日)間で行われる情報が出ています。

 

アジアウィンターリーグに参加している選手は、残念ながらファンフェスティバルには欠席となるので推しの選手が見れないのは残念ですね…

 

【アジアウィンターリーグ2019】開催される球場

 

アジアウィンターリーグ2019の試合が行われる球場は↓の3つです

 

  • 台中インターコンチネンタル野球場
  • 斗六野球場
  • 嘉義野球場

 

どちらも空港からは1時間以上離れていて地図を見る限りだと都心部にある球場ですね!

 

【アジアウィンターリーグ2019】参加する球団は?

 

アジアウィンターリーグに参加する球団は↓の通りです

 

  • NPBホワイト(巨、阪、中、De、ロの連合チーム)
  • NPBレッド(ヤ、ソ、楽、西、オ)
  • 侍ジャパン社会人選抜
  • 韓国プロ野球選抜
  • 台湾プロ野球選抜
  • 味全ドラゴンズ

 

日本の球団は広島カープと日本ハムファイターズの選手は不参加となっています。

 

【アジアウィンターリーグ2019】参加する選手達

 

ここからはアジアウィンターリーグ2019大会に参加する日本のプロ野球選手をまとめていきます。

 

※青文字になっている選手名をおすと詳しく紹介したページに行きます。

 

NPBレッド側の参加選手

 

選手名 ポジション 所属球団
古谷優人 投手 ソフトバンク
尾形崇斗 投手 ソフトバンク
長谷川宙輝 投手 ソフトバンク
重田倫明 投手 ソフトバンク
引地秀一郎 投手 楽天イーグルス
鈴木翔天 投手 楽天イーグルス
粟津凱士 投手 西武ライオンズ
伊藤翔 投手 西武ライオンズ
清水昇 投手 ヤクルトスワローズ
市川悠太 投手 ヤクルトスワローズ
久保拓眞 投手 ヤクルトスワローズ
本田仁海 投手 オリックス
東晃平 投手 オリックス
齊藤誠人 捕手 西武ライオンズ
古賀優大 捕手 ヤクルトスワローズ
頓宮裕真 捕手 オリックス
清水陸哉 外野手 ソフトバンク
小郷裕哉 外野手 楽天イーグルス
濱田太貴 外野手 ヤクルトスワローズ
野村大樹 内野手 ソフトバンク
砂川リチャード 内野手 ソフトバンク
村林一輝 内野手 楽天イーグルス
西川愛也 内野手 西武ライオンズ
綱島龍生 内野手 西武ライオンズ
吉田大成 内野手 ヤクルトスワローズ
宜保翔 内野手 オリックス
廣澤伸哉 内野手 オリックス

 

NPBホワイト側の参加選手

 

選手名 ポジション 所属球団
畠世周 投手 巨人
横川凱 投手 巨人
大江竜聖 投手 巨人
田中優大 投手 巨人
コルデロ 投手 DeNA
鈴木博志 投手 中日ドラゴンズ
清水達也 投手 中日ドラゴンズ
馬場皐輔 投手 阪神タイガース
齋藤友貴哉 投手 阪神タイガース
岸田行倫 捕手 巨人
石橋康太 捕手 中日ドラゴンズ
片山雄哉 捕手 阪神タイガース
増田陸 内野手 巨人
黒田響生 内野手 巨人
松田進 内野手 ロッテ
伊藤裕季也 内野手 DeNA
知野直人 内野手 DeNA
根尾昂 内野手 中日ドラゴンズ
熊谷敬宥 内野手 阪神タイガース
加藤脩平 外野手 巨人
山下航汰 外野手 巨人
島田海吏 外野手 阪神タイガース

 

【アジアウィンターリーグ2019】放送や中継情報

 

アジアウィンターリーグ2019の放送は地上波やBSではありませんが、CSチャンネルで24試合か放送されることが決まっています。

 

GAORAスポーツ 6試合
フジテレビONE 6試合
日テレジータス 4試合
Jスポーツ1・2 2試合
BSスカパー・スカチャン 6試合

 

このように振り分けが決定されています。

 

ここからは放送されるチャンネルをここでは紹介をしていきますね!

 

※無料期間はすべてスカパー!で契約をした場合のみです

 

アジアウィンターリーグ2019放送チャンネル➀:GAORA SPORTS

 

月額料金 1,320円
無料期間 加入月無料
視聴環境
  • スマホ
  • タブレット
  • テレビ
見れる試合 6試合

 

シーズン中は日ハムや阪神の主催試合を多く放送してくれるGAORAスポーツ。

 

アジアウィンターリーグの試合の放送もしてくれます!

 

⇒⇒GAORAスポーツの契約はここから

 

アジアウィンターリーグ2019放送チャンネル②:フジテレビONE

 

月額料金 1,529円
無料期間 加入月無料
視聴環境
  • スマホ
  • タブレット
  • テレビ
見れる試合 6試合

 

ヤクルトや西武ライオンズの主催試合をすべて放送をしてくれるのが「フジテレビONE」「フジテレビTWO」です。

 

アジアウィンターリーグを放送をしてくれるのは「フジテレビONE」になりますが、契約するとTWOのチャンネルも見ることができます。

 

⇒⇒フジテレビONEの契約はここから

 

アジアウィンターリーグ2019放送チャンネル③:日テレジータス

 

月額料金 990円
無料期間 加入月無料
視聴環境 テレビ
見れる試合 4試合

 

巨人の主催試合や2軍戦を多く配信してくれるのが日テレジータス

 

他のサービスと違いスマホやタブレットで見れないのが少し痛手…

 

⇒⇒日テレジータスの契約はここから

 

アジアウィンターリーグ2019放送チャンネル④:J SPORTS 1・2

 

月額料金 2,515円
無料期間 加入月無料
視聴環境
  • テレビ
  • スマホ
  • タブレット
見れる試合 2試合

 

広島カープ・中日ドラゴンズ・オリックス・楽天といった球団の主催試合をシーズン中は放送してくれる「Jスポーツチャンネル」

 

アジアウィンターリーグを放送してくれるほか、特集番組も放送をしてくれるので大会の魅力もこれでわかりますね!

 

⇒⇒Jスポーツの契約はここから

 

アジアウィンターリーグ2019放送チャンネル⑤:BSスカパー!とスカチャン

 

月額料金 0円
無料期間 加入月無料
視聴環境
  • テレビ
  • スマホ
  • タブレット
見れる試合 6試合

 

BSスカパーとスカチャンは単体での購入がなくスカパーのチャンネルどれかに契約をしていれば無料で見ることができます。

 

上で紹介をしているチャンネルに契約をしている人はお得ですね!

 

⇒⇒スカパー!の契約はここから

 

【アジアウィンターリーグ2019】中継をすべて見たい人はプロ野球セットがおすすめ!

 

  • 「それぞれのサービスに契約するのがめんどくさい」
  • 「単体ずつ購入をしていたら料金が高くなってしまう!」

 

という方はプロ野球セットに契約がおすすめです。

 

月額料金 4,075円
無料期間 加入月無料
視聴環境
  • テレビ
  • スマホ
  • タブレット
見れる試合 全試合

 

プロ野球セットに契約をすれべアジアウィンターリーグ2019の試合を放送してくれるチャンネルすべてにパッと契約ができます。

 

また専用のアプリをダウンロードすればスマホやタブレットを使ってアジアウィンターリーグの試合を見ることができます。

 

 

 

【アジアウィンターリーグ2019】についてまとめ

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

さいごにざっくりとこの記事の内容をまとめておきます。

 

まとめ
  • アジアウィンターリーグ2019は11月23日(土)~12月15日(日)で開催
  • 開催される球場はすべて台湾内にある球場
  • 地上波、BSでの放送はなくCSチャンネルで放送がある
  • すべての試合を見たいならプロ野球セットがおすすめ

 

オフシーズンの若手の成長が期待されているのでプロ野球ファンの間ではちょっとした注目になっているこの大会!

 

見てみる価値はあると思いますよ?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
ハマスタ一塁側・内野CかB席で観戦をしていることが多いです。試合の終盤になるとテンションが高くなります 笑 【好き】⇒から揚げ、豆腐ハンバーグ、ブログの更新、嫁
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク


スポンサーリンク







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© プロ野球情報局 , 2019 All Rights Reserved.