ベイスターズ 大好き ハマスタで観戦しているお兄さん

【管理人ナオト】のプロフィール!

プロ野球,12球団の2018年スローガンが発表。どれが良い??

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ハマスタ一塁側・内野CかB席で観戦をしていることが多いです。試合の終盤になるとテンションが高くなります 笑 【好き】⇒から揚げ、豆腐ハンバーグ、ブログの更新、嫁
詳しいプロフィールはこちら

スポンサードリンク

どうも!ポジDe情報ブログの投稿主です(@pojiDesjouhou

雑記になります。

各球団の2018年スローガンが発表されましたね。

2017年は良いシーズンや悪いシーズンになった球団も成績はリセットされみんな同じスタートラインに立ちます。

そんな中、みなさんはどの球団のスローガンが一番いいでしょうか??個性的なものや独創的なものカッコイイのもあればダサいものも必見です。

セリーグ

広島東洋カープ

セ・リーグ連覇を果たすことができた2017年シーズンは大きな喜びに包まれた一方で、CSファイナルステージ敗退を受け、33年ぶりの日本一を逃した悔しいシーズンにもなりました。

2年連続のリーグ優勝に満足することなく、「球団初のリーグ三連覇」そして悲願である「34年ぶりの日本一」を目指し、チーム一丸となり2018年シーズンを熱く駆け抜けていく。

そして、ファン・地域を熱く盛り上げていく。そのような決意を「℃」を3つ並べた「℃℃℃(ドドドォー!!!)」という新キャッチフレーズに込めました。

監督・コーチ・選手・スタッフが昨年以上に熱く一丸となり、来シーズンも熱い戦いを約束いたします。

■チームキャッチフレーズ「℃℃℃(ドドドォー!!!)」について
チームに引き継がれる「努力」「泥臭さ」。シーズンを駆け抜ける「怒涛」の勢い。ひとり一人に必要な「度胸」。ファン・地域との一体感を表す「同心」「同郷」。来年も実現してみせる「胴上げ」。

これらの言葉が有する「ど」を、「熱さ(温度)」と「カープらしさ(C)」を感じる「℃」で表現。
「℃」を3回続けることで、「チームに勢い」をもたらすと共に「リーグ三連覇へ駆け抜ける」決意も込めたキャッチフレーズです。

■ロゴデザインについて
三連覇へ向けて駆け抜ける「3つの℃」は、「色・フォルム」と「大きさ」をあえて変えることで、様々な個性が一丸となり、シーズンが進むにつれて「大きなうねり」を生み出していく姿を表現しています。

引用→広島東洋カープ公式

2017年のファンフェスティバルでたしか発表がありましたね。

ドドドォー!!!って2017年の力舞吼といい広島のスローガンは独特 ですよね 笑

阪神タイガース

全身全霊を懸けて不屈の精神で立ち向かう。たとえ、どんなに苦しい局面になろうとも、最後の最後まで絶対に勝負を諦めない。
その精神を全員が強く持ち、タイガースが変革し続ける一年にしたい。そうした強い決意をスローガンとして表現しています。
※このスローガン・デザインは、2018年のシーズンロゴとしても展開して参ります。

引用→阪神タイガース公式

こちらもファン感謝祭で発表。

金本監督になってからこういう筆記体のスローガン が続いてますね!

阪神らしさがあって良いと思います(*^^*)

横浜DeNAベイスターズ

横浜DeNAベイスターズのシーズンスローガンはこれまで、

新球団1年目の2012年は『熱いぜ!横浜DeNA』、2013年は『勝』(読み:かつ)、2014年は『心』(読み:こころ)、2015年は『導』(読み:みちびく)、2016年は『WE PLAY TO WIN』 (読み:ウィー・プレイ・トゥ・ウィン)、2017年は『THIS IS MY ERA.』(読み:ディス・イズ・マイ・エラ)という言葉を通して、選手・チームスタッフ・球団職員が一丸となってシーズンを戦い抜く姿勢を表すために掲げてきました。

2018年シーズンスローガン『VICTORY is within US.』(日本語訳:勝利は我らの中にある)は、球団史上初のクライマックスシリーズ突破を果たし、19年ぶりに日本シリーズへ進出した昨シーズンを糧として、更なる高みをファンの皆様と共に目指すために、A.ラミレス監督自ら考えたシーズンスローガンです。2018年シーズンは、横浜DeNAベイスターズがセ・リーグ優勝、そして日本一という勝者になるべく、皆様と共に戦ってまいります。

引用→横浜DeNAベイスターズ公式

2018年の1月中旬に発表されたスローガン。

日本シリーズの第4戦で濱口が好投をしているときにラミレス監督の頭に降りてきたスローガンになります。

こちらは球団公式のyoutubeにも載ってましたね。

阪神とは真逆の3年連続の英文になります。

読売ジャイアンツ

2018年シーズンの読売巨人軍チームスローガンは「奮輝 ~GIANTS PRIDE 2018~」に決まりました。

◆高橋由伸監督のコメント
気持ちを奮い立たせ、勇気を持って戦い抜いた先に、我が巨人軍が光り輝く栄光が待っています。6年ぶりの日本一奪回に向け、チームが一丸となって奮起します

引用→巨人公式

2017年は巨人にとっては辛いシーズンでしたもんね。

2018年シーズンは常勝を決めつけられている巨人にとっては勝負の年になりそうです。

高橋監督はもっと表情豊かなになってほしいですね。

中日ドラゴンズ

2017年度のスローガンが決定しましたのでお知らせいたします、原点回帰~ゼロからのスタート~今一度、原点(ゼロ)に戻り、気持ちを新たに、選手もファンも熱狂する、魅力あるドラゴンズを創り上げるという気持ちで来季の戦いに挑みます!

監督を引き受けた時に「ゼロからのスタート」と言いましたので、いろいろ考えた中から最終的にこれを選びました。
デザインもいろいろありましたが、回帰の「回」の中がゼロになっているのが気に入って、ゼロからのスタートのゼロと、ゼロに抑えてほしいという願いも大きくあります。

ここ4年はBクラス、今季は最悪なことになりましたので、チームだけでなく球団もファンもゼロに戻って出直して、ファンあっての野球づくり、原点に戻って野球ができる楽しさを喜び合っていきたい。

好きだから野球を始めた、楽しいから始めた、これが今楽しくない野球であれば、もう一度楽しい野球に戻そうという所にいきたいです。ファンの人たちが応援している姿は我々もよくわかっています、お互いに盛り上げていければいいなと思います。

引用→中日ドラゴンズ公式

中日は2017年は悔しいシーズンだったと思います。

交流戦のときは調子が良かったですが、夏の風物詩でもある大失速に2017年もはまってしまい5位となりましたからね。

東京ヤクルトスワローズ

「この悔しさを胸にもう一度立ち上がり、再び上を目指そう。」
今年のスローガンの「Swallows RISING」という言葉にはそのような想いが込められています。
また、「RISING」を直訳した「上昇、日の出」という言葉にも、新たな夜明けともにチームが再出発するという意味があります。

サブタイトルの「再起」という言葉にも、ゼロからのスタートに賭ける強い気持ちを表現しました。

ファンの皆さまに1試合でも多くの感動をお届けできるよう、精一杯プレーしますので、応援をお願い致します。

東京ヤクルトスワローズ監督 小川淳司

引用→東京ヤクルトスワローズ公式

2017年は怪我人にも悩まされ、あっという間にシーズンが終わっていたヤクルト。

2015年にセリーグを制覇したのが、とおい昔に感じられてしまいますね…

広島打線を作り上げた石井琢朗打撃コーチを召致し「再起」をかけるスワローズに注目です。

パリーグ

福岡ソフトバンクホークス

福岡ソフトバンクホークスは、「もう1頂いっちょ!」を2018年のスローガンとして決定しました。

今シーズン、福岡ソフトバンクホークスが目指すのは、「連覇」ではない。

また1から、もう1回、頂点を目指し、一致団結して登り続けること。選手もファンも1つになって、もう1回、頂点へと進み続けること。

もう1度、1つになって、頂点へ!
2018年、福岡ソフトバンクホークスが目指すのは・・・、「もう1頂いっちょ!」

引用→福岡ソフトバンクホークス公式

2017年は圧倒的な力でシーズンを勝ち抜き、王者の戦い方をしたソフトバンクのスローガンは「もう1頂!」

ソフトバンクのスローガンってわかりやすくて親しみやすいですよね。

埼玉西武ライオンズ

埼玉西武ライオンズは、「CATCH the FLAG 2018 栄光をつかみ獲れ!」を2018シーズンのチームスローガンに決定いたしました。
来シーズンは2017シーズンからさらに飛躍し、必ずや日本一(=FLAG)をつかむ!という辻監督の明確な目標と決意をスローガンに込めております。

辻監督のもと、チームの一人ひとりが勝つために、今何ができるかを考え、その局面において一球を、一勝を、そして2018シーズンこそ日本一をつかみ獲りにいくという思いを胸に戦ってまいります。

「西武ライオンズ誕生40周年という記念の年となる2018シーズンは、絶対にチームの日本一しかないという強い決意で臨んでまいります。
シーズンを通して力強い応援をしていただいたファンの方々と共に必ず日本一の栄冠をつかみ獲るために、2018シーズンは、2017シーズン終盤戦キャッチフレーズでも使用した、より目的(日本一奪取)が明確なこのフレーズをチームスローガンとして戦ってまいります。」

引用→埼玉西武ライオンズ公式

2017年の後半になって新しくしたスローガンがそのまま使用されることになりましたね。

炎獅子ユニフォームを纏った埼玉西武ライオンズは、2017年恐ろしいほどの強さを発揮しました。

あのパリーグは2年連続で大型連勝が起こってますので、2018年も怒るとしたら炎獅子を纏ったライオンズでしょうか??

東北楽天ゴールデンイーグルス

ファンと選手がひとつになり、東北が一丸となり日本一を目指す。
「日本一の東北へ」というスローガンのもと、2018シーズンを闘ってまいります。

嶋 基宏選手コメント

楽天イーグルスと東北が一つになって日本一を目指すという意味を込めて「日本一の東北へ」というスローガンになったと思いますので、新しくなったユニフォームを着て、リーグ優勝、日本一を目指して闘っていきたいです。

引用→東北楽天ゴールデンイーグルス公式

2017年の前半戦はまさに首位を独走していて4年ぶりの楽天優勝があるか!?と思いましたが、失速してしまいましたね。

春の珍事と2017年は言われてしまいましたが、それも珍事ではいませない力は十分ありますね。

東北のみんなのためにも楽天には頑張ってもらいたいです!!

オリックス・バファローズ

ファンにとっては嬉しい、壁紙もダウンロードできるんですね。

補強の話があまり入ってこなかったオリックス。外国人選手がいかに活躍するか鍵な気がします。

北海道日本ハムファイターズ

2018年は北海道日本ハムファイターズ誕生15年目のシーズンであるとともに、幕末の探検家・松浦武四郎の提案により北海道と命名されて150年にあたります。

この節目の年に北の大地の期待を一身に背負い、信念を貫き通し、結果に行き着く道筋を考え、野球の道を究める決意を一文字に込めました。15を意味するXVはVが3つ組み合わさっており、北海道で三度目の日本一を目指す意気込みも表しています。

引用→北海道日本ハムファイターズ公式

綺麗な「道」というデザインですね。

この「道」のロゴは北海道出身の書道アーティスト萃美さん」が書かれました。

とても綺麗な字ですよね。見事な筆使いです!

千葉ロッテマリーンズ

「捲る(意味:一気に追い抜く)」プラス「~まくる。勝ちまくる、打ちまくる…etc」の2つの意味。
アクセントになっている「レ」を折れ線グラフに見立て、「2016年3位、2017年6位、2018年1位(上昇↑↑)」を示す。

井口監督コメント

 

「2018年マリーンズを象徴する分かりやすいスローガンだと思います。練習をしまくり、チーム内で競争をしまくり、打ちまくり、勝ちまくりたいと思います。2017年は最下位とこれ以上ないほどの悔しい思いをしました。新たな一年はこの位置からイッキに追い抜くという強い気持ちで挑みたいと思います。ファンの皆様、2018年の千葉ロッテマリーンズに期待をしてください。自分たちはその期待に『マクレ』の精神で応えたいと思います。」

引用→千葉ロッテマリーンズ公式

井口新監督1年目のシーズンのスローガンはシンプルになりましたね。

2017年はオープン戦、絶好調だったロッテですがシーズン始まってまさかの最下位。

引退してすぐに監督に就任した井口。どういった采配をとるか注目ですね。

さいごに

いかがでしたか?

全球団のスローガンが出そろうといよいよ、開幕が近づいてきた感じがしますね!

どの球団も成績はリセットされ同じスタートラインに立ちました。

スローガンをもとにどの球団が秋に笑っているか楽しみです。

こちらもどうぞ

[clink url=”http://www.yakyuukozou.work/2018/01/27/zatudan-saitouyuuki/”] [clink url=”http://www.yakyuukozou.work/2018/01/21/baystars-nokennseikyuu/”] [clink url=”http://www.yakyuukozou.work/2018/01/26/baystars-miuradaisuke/”]
この記事を書いている人 - WRITER -
ハマスタ一塁側・内野CかB席で観戦をしていることが多いです。試合の終盤になるとテンションが高くなります 笑 【好き】⇒から揚げ、豆腐ハンバーグ、ブログの更新、嫁
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク




スポンサーリンク







- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ポジDe情報ブログ , 2018 All Rights Reserved.