ベイスターズ 大好き ハマスタで観戦しているお兄さん

ブログ開設祝1年!9月限定でプロ野球中継サービス節約術を無料プレゼント中。

CS導入の経緯やセリーグ・パリーグ別々であるルールとは?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ハマスタ一塁側・内野CかB席で観戦をしていることが多いです。試合の終盤になるとテンションが高くなります 笑 【好き】⇒から揚げ、豆腐ハンバーグ、ブログの更新、嫁
詳しいプロフィールはこちら

スポンサードリンク

こんにちは!

今日はクライマックスシリーズのルールや設置された経緯について書いていきますね。

クライマックスシリーズの時期になると「廃止」「雨で中止の日程を余裕を持って」「こんなルールおかしい」といった意見が出てきますよね。

それについても書いていきます。

 

・なんでクライマックスシリーズを設置したのか?

 

優勝が決定したあとの無気力試合(消化試合)を少なくするためにクライマックスシリーズが設置されました。

  • パリーグは2004年
  • セリーグは2007年

から開始され最初は「クライマックスシリーズ」ではなく「ポストシーズン」と呼ばれていました。

セリーグ側がポストシーズンを設置したことによって呼び名を統一するためにファンからネーミングを募集し検討した結果、今の「クライマックスシリーズ」と呼ばれるようなりました!

第1戦を「ファーストステージ(1st)」
第2戦を「ファイナルステージ」

と呼称されています。

 

・クライマックスシリーズのルールについて

 

第1戦、第2戦と分けて書いていきますね!

 

・第1戦の場合

 

ファーストステージはペナントレースで2位球団VS3位球団で3試合の日程で試合が行われます。

  • 予告先発は実施される
  • 開催球場は2位球団の本拠地としている球場
  • 3試合制で行い勝利数が多い球団がファイナルステージに進出する。
    ※対戦成績が並んだ場合(1勝1敗1分)(0勝0敗0分)は2位球団の勝利とする
  • 2試合終了時点で勝者が決まった場合は3試合目は行わない

2017年まではパリーグのみ予告先発を行っていましたがセリーグ側も予告先発を行う事になりました!

 

第2戦の場合

 

ファイナルステージはペナントレース1位球団VS第1戦勝利チームと6試合の日程で試合が行われます

  • ペナントレース1位球団には1勝のアドバンテージがある
  • 6試合制で試合を行い先に4勝したチームがクライマックスシリーズ優勝(日本シリーズ進出)となる
    ※引き分けなどで同じ勝ち数の場合はリーグ優勝球団が日本シリーズ進出となる
  • 開催球場は1位球団の本拠地としている球場
  • 予告先発は実施される

1勝のアドバンテージって非常にデカいんですよね。

それ以外にも第1戦の勝利チームは裏ローテで来ることが多く必然的に表ローテVS裏ローテになりますから1位球団の方が圧倒的有利です。

 

・【余談】順位決定方法について

 

レギュラーシーズンの順位は基本「勝率」を基準としていますが、これがまったく同じ場合は以下の通りで順位を決定しています。

セリーグ

①勝利数が多い球団
②直接対決で勝ち越している球団
③前年度順位の上位球団

パリーグ

①直接対決で勝ち越している球団(3チーム以上並んだ場合は当該チーム間でまとめて比較)
②セ・パ交流戦を除いたリーグ戦(全125試合)における勝率
③前年度順位の上位球団

引用→wikiより

こんなに細かく設定されていたんですね!

 

・クライマックスシリーズのここがおかしいルールとは?

 

 

クライマックスシリーズが開催時期になると以下の様に賛否両論な意見が繰り返されていますね。

①シーズンのゲーム差は無視される
②シーズン負け越し(借金)チームが日本シリーズ進出の可能性があるのはおかしい

 

①については私も答えは出せません。

2017年セリーグ覇者「広島東洋カープ」3位の横浜DeNAベイスターズに14.5ゲーム差をつけシーズン優勝しました。

ですが、クライマックスシリーズではベイスターズに敗れ日本シリーズ進出はなりませんでした。いわゆる「下剋上」です

こういう事態がおこると「優勝諦めてまずはCS出場して日本シリーズ進出を狙う」という戦い方になってしまいます。

プロ野球ファンからは「10ゲーム差以上離しての優勝ならアドバンテージ増やしても良いのでは?」と意見があがりましたが、過去に検討されたこともありましたが破棄となったそうです。

 

②についてですがこれもベイスターズが該当していますね。

2016年シーズン成績69勝71敗で負け越しでシーズンを終えましたが球団史上初めてのクライマックスシリーズ進出となり当時のベイスターズファンは歓喜にしていました。(当然私も…)

2位球団の巨人を破り、第2戦のカープには敗れてしまいましたがこれが借りにカープに勝利し日本シリーズに進出していたら騒ぎになっていたと思われます。

クライマックスシリーズに進出しただけで「借金の球団がクライマックスシリーズに行くのはおかしい!」「借金の球団はクライマックスシリーズ進出不可=廃止でも良いのでは?」とSNSで口論になっていましたからね。

 

消化試合を少なくするために設定したクライマックスシリーズですがこれが仇となってクライマックスシリーズ進出を目指すシーズンの戦い方をしてしまうって事態になってるんですよね…

 

・クライマックスシリーズの日程もおかしい?

 

 

まずクライマックスシリーズは日程が非常に余裕がないんですよね。

  • 第1戦の予備日が1日
  • 第2戦の予備日が2日

しか設定されておりません。これが盲点となったのが2017年のセリーグのクライマックスシリーズですよね。

第2戦の大雨の中の泥試合は今でも忘れてる人は少ないと思います。

10月14日 阪神勝利
10月15日 ベイスターズの勝利(大雨の中)
10月16日 雨天中止
10月17日 ベイスターズ勝利(ファイナル進出)

10月18日 広島勝利(5回雨天コールド)

一部省略しました。

 

ここで注目していただきたいのは10月15日の試合と10月18日の試合になります。

当時は15日、16日と雨が降る予報で試合の開催は厳しい状態でした…

上記の2試合が中止となると1戦目に勝利した阪神が自動的にファイナルステージ進出となるシステムなのでベイスターズファンはなんとしても試合を行って欲しいと願ってました。

無事に試合は行われましたが以下のようなグラウンドコンディションで試合を行う羽目に…

パット見甲子園で試合をしてるとは思えませんよね…

 

10月18日に関してはこれと真逆で試合開始前から激しい雨が降っていましたが5回(試合成立)まで行い、すぐに雨天コールド(カープの勝利)となりました。

この雨天コールドによりベイスターズ選手・ファンは当時、怒っている人がほとんどでした。

 

このようにクライマックスシリーズの日程がきつく設定されており「もっとゆとりをもってクライマックスシリーズを行って欲しい」と声が多数出ました。

それでも2018年現在、クライマックスシリーズの日程については調整されないまま行われています。

 

まとめ

 

OBや解説者もこのクライマックスシリーズのルールについて賛成か反対か出てましたね。


ドームを本拠地にしている球団なら雨天中止時などの心配はする必要がないと思います。

ですが2017年のセリーグのクライマックスシリーズのようなことも今後も起こりうる可能性があるため対策をしておいた方が良いと私は思います。

またこれと同じように「1位球団のゲーム差アドバンテージの設置」「負け越しチームのクライマックスシリーズ」も見直してみても良いと思います。

みなさんはどう思いますか?

長い記事を読んでいただきありがとうございました。

 

私が実践しているプロ野球をお得に楽しむための節約術を
無料で教えちゃいます。

●少しでも節約したい….

●節約したお金を現地観戦に使いたい…

●プロ野球の中継サービスってどれが良いか悩む…

2018年のシーズン中しか配布してないので今のうちにゲットしてください。

さらに今なら「初めて球場に行く人が絶対知りたい情報」が特典でついてきます。

詳しくはメールの最後で...

この記事を書いている人 - WRITER -
ハマスタ一塁側・内野CかB席で観戦をしていることが多いです。試合の終盤になるとテンションが高くなります 笑 【好き】⇒から揚げ、豆腐ハンバーグ、ブログの更新、嫁
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© ポジDe情報ブログ , 2018 All Rights Reserved.