今、話題の人気記事

横浜DeNAベイスターズ・2018年日程まとめ【開幕戦・交流戦・CS】

スポンサードリンク

2018年の横浜DeNAベイスターズの試合日程が決まり、ぞくぞくと公式サイトから各種のイベント内容の発表や注意事項のお知らせが発信されていますね。

「横浜DeNAベイスターズのシーズンの流れってどんな感じなの?」「イベントの試合ってあるの?」「日程は?」「オフはなにしてるの?」

などプロ野球の流れをいまいち把握できていない方にはうってつけの記事なります!

・シーズン開幕

・3月下旬~4月以降:ペナントレース開幕

長い長いシーズンオフを経てついにプロ野球のシーズンが開幕します。

昨年のシーズンオフから開幕までファンは、各選手の情報を自分なりに分析しシーズンでの結果を予想しあい活躍する選手で開幕が待ちきれない状態となっているでしょう。

・注目点は?

やはり開幕投手になるでしょう!

横浜DeNAベイスターズの開幕投手はここ数十年は違った投手が開幕投手を務めています。

歴代の開幕投手についてもまとめています⇒横浜DeNAベイスターズ歴代の開幕投手

注目度はペナントレースの中で一番と言って良いです。

そのため開幕戦のチケットは応募の倍率が高く入手が困難となっています。それほどファンにとっても気合が入る試合ということです。

またベイスターズは球団独自で毎年開幕前にセレンニーが開かられます。年によってその内容も違い注目もされております。

2018年の横浜DeNAベイスターズの開幕戦についてはこちらにまとめております

横浜DeNAベイスターズ2018年開幕戦について

⇒横浜DeNAベイスターズ・2018年開幕1軍メンバー予想!先発ローテは?

⇒横浜DeNAベイスターズ・2018年開幕スタメン発表!大和・倉本は?

・女性のためのイベント「横浜ガールズフェスティバル」

・ブルーライトシリーズ

⇒横浜DeNAベイスターズ・2018年・ブルーライトシリーズとは?チケットは?

の上記二つがこの時期のベイスターズの目玉イベントとなっています。

そしてベイスターズはここ数年で2015年以降は3・4月勝ち越せていないので大事な月になります

・5月下旬~6月中旬:セ・パ交流戦

普段はセリーグ・パリーグ分かれて試合を行っています

ですがこの期間になると「交流戦」となりセリーグの球団VSパリーグの球団となります

また順位表もセリーグ・パリーグのほかに「交流戦・順位表」が追加されます。

セ・パ両リーグにおける最も強いチームがどこかという裏付けともなり得るイベントです。

ベイスターズもこの交流戦中に様々な企画が設けられています。

① 交流戦限定・波乗りTシャツを無料配布

画像引用→横浜DeNAベイスターズ様

毎年、選手や球団がデザインしたTシャツとそれにちなんだグッズが発売されます!

お気に入り選手のTシャツが手に入るようファン同士で交換できるスペースも用意されてます

② 交流戦OB対決

動画引用⇒試合前スペシャルイベント 伝説のOB一打席対決 G.ブラッグスvs倉持明 2016.6.4

野球ファンなら見逃せないのがベイスターズOB選手と対戦球団のOB選手が1打席勝負をするこの企画ですね

3連戦、すべてこの企画をやるのでファンは楽しめますよ!

・注目は?

やはりパリーグに勝ち越せるかでしょうね!

ベイスターズの交流戦通算成績は121勝190敗と大きく負け越しをしています

DeNAからファンになった人でも記憶に新しい2015年3勝14敗1分がある限り交流戦は苦手というファンは多いですからね

ベイスターズの交流戦についてDHや注目選手をまとめた記事はココ⇒横浜DeNAベイスターズ・2018年の交流戦!注目選手・DH起用は?

・7月上旬~中旬:前半戦終了・オールスター開催

交流戦が終了し4日間ほど、休養日が設けられ再びリーグ内での試合が行われます

交流戦が始めるころにオールスターの投票がありこの時期に選出選手の発表があります

オールスターは

  1. 選手のファン投票
  2. 選手間投票
  3. 監督推薦

上の3つを経てメンバーが決定いたします

オールスターはセリーグチーム・パリーグチームと別れて試合を行います

また、ただ試合をするだけでな球界を代表するホームランバッターで行われるホームラン競争が試合前に行われます

そして試合中はファン同士、応援している球団以外は滅多に球場で歌うことができない他球団の選手の応援歌を歌うことができるのでまさに「お祭り」です

私的にはロッテのチャンテ3をみんなでやるのが楽しいですね!

動画引用→ロッテのチャンステーマでセ・リーグファンも大盛り上がり! オールスターゲーム2013神宮

横浜スタジアムで行われた2016年のオールスターに私も観戦に行きましたが、全選手の応援歌やチャンステーマを把握していればさらに楽しめていたと思います!

2018年は

  •  2018年7月13日(金) 京セラドーム大阪
  •  2018年7月14日(土) 熊本・藤崎台県営野球場
で行われる予定となっています。

・注目は?

  1. 普段は敵同士である各リーグのチームが一体感に包まれる!
  2. 球界を代表するホームランバッターで行われるホームラン競争
  3. ベイスターズからは誰が選ばれるか?

ここ数年はベイスターズから誰かが選べれると怪我などで欠場し代わりの選手として井納が選出されていますから今年はどうなるかも注目です 笑

・7月中旬~:後半戦開始

オールスターが終了しいよいよリーグ優勝に向けての後半戦が開始されます

8月の上旬には横浜DeNAベイスターズの1大イベント「横浜スターナイト」が開催されます

↓スターナイトについてはこちらをご覧ください↓

またこの時期は猛暑の影響で投手陣に疲労が出てきます。

なので投手陣の成績が落ち野手陣の成績が上がりやすくなる月になるので打ち合いが多くまたシーズンも終盤になっていため負けられない試合が多くなってきます。

なので疲労がたまり成績を落としている選手は2軍に落とし休養をとってもらうチームも出てきます

ここで2軍で経験を積んだ若手に出場のチャンスが回ってきます!

またチーム状況によっては助っ人選手の補強やチーム同士でトレードが行われていきます

まさにチームや球団フロントが一丸となってリーグ優勝へと向かっていきます!

・注目は?

  1. シーズン終盤に向けての優勝争やCS出場争い
  2. 投手の疲労により打ち合いの試合が多くなる
  3. 弱点を補う補強

・10月上旬:ペナントレース終了

約6カ月にも渡るプロ野球のシーズンが終了します

4位以下のチームは来年度に向けてチームの立て直しが行われます

各リーグの3位以上のチームはクライマックスシリーズ(CS)へと出場になります

自分の贔屓球団の試合が1日でも長くみられるようにまずは3位に以上に入ることをファンは目標にしていますね!

・注目は?

  • 3位以上になるよう全力で応援
  • 4位以下なら来季に向けてファン切り替え休養、若手でポジる!

・10月中旬:クライマックスシリーズ開幕

画像引用→プロ野球クライマックスシリーズ・日刊スポーツ様

クライマックスシリーズは各リーグの2位 VS 3位のチームが戦うファーストステージ(3試合制)、そしてその試合に勝利したチームが1位のチームへと挑むファイナルステージ(6試合制)で構成されています。

また、セリーグのクライマックスシリーズはシーズン中は行われる「予告先発」が行われませんのでファンや記者人でも先発投手予想が話題になります。

2017年ベイスターズのクライマックスシリーズは忘れることはできない内容でしたよね。

阪神との泥試合

広島を下剋上で倒し日本シリーズへ進出

画像引用→カナロコ様

・注目は?

  1. レギュラーシーズンの成績は重要
  2. 上位チームがクライマックスシリーズは有利
  3. 普段行われている予告先発がセリーグではないためファン同士でも先発投手の予想で盛り上がる

・10月下旬~11月上旬:日本シリーズ

セリーグ・パリーグでクライマックスシリーズを勝ち抜いたチームで行われるのが日本シリーズです

現在の日本シリーズは7試合制で、先に4勝したチームが優勝となります。

日本シリーズは各放送局で必ず行われるためそれほど注目度が高い試合となっています。

過去には3連勝したチームが4連敗し日本一を逃したこともあるので本当に何が起こるかわからないのが日本シリーズです。

そして4勝し日本シリーズを制したチームが「日本一」を手にすることができます。

この日本シリーズの終了をもってプロ野球のシーズンがついに閉幕となります…

ベイスターズの日本シリーズは本当に感動しました。

ですがここでプロ野球が終わったけではありません!

閉幕したあとのオフシーズンの内容を知ってるとさらにプロ野球が楽しくなります!

シーズン中の各種イベント

・ドラフト会議

全国の高校球児・大学生・社会人から有望な選手を指名しチームへと招き入れるのがドラフト会議です。

この時期になってくるとCSの他に各球団のドラフト1位選手が予想をされます。

甲子園を沸かせた高校球児や大学ナンバーワン投手などなどSNSで情報発信されている方もいて非常に楽しむことができます。

即戦力をとるか期待の大器をとるか運命のドラフト会議です。

ベイスターズの2017年のドラフトは東の1位指名は度肝を抜かれましたね!

・10月中旬~11月下旬:戦力外通告

ドラフトで新しく選手が入団を決定するなら、同じく去る選手もいます。

この時期になると球団から契約を結ばないと発表があり戦力外になってしまった選手がでてきます。

現役を望む選手は他球団からスカウトをまったり12球団合同トライアウトを受ける選手もいます。

ここで現役引退か、それとも続行か。人生の選択を迫られます

また球団から球団職員としての道、チームを支えるバッティングピッチャーやブルペン捕手となる選手もいます。

そして単年契約で結果を残せなかった助っ人外国人選手も契約が結ばれないと日本に帰国することなくそのまま別れとなってしまいます。

ファンにとっては辛い時期になりますね…

・11月上旬:12球団合同トライアウト

「俺はまだやれる!」そんな現役への強い思いがある選手が受けることができるのがこのトライアウトです。

各球団からの実力が認められれば再びプロ野球選手としての道が開かれますが、そこは非常に狭き門です。

2017年に実施されたトライアウトの参加者51人中、再度プロ野球選手としての道が開けたのはたった3名だけです。

2017年に横浜DeNAベイスターズから戦力外を受けたドラフト1位で入団した柿田裕太は対戦打者4人全員を三振に抑える快投を見せましたがスカウトされておりません。

「結果+高い内容」が求められるのが合同トライアウトです。

シーズンオフ

・11月上旬~1月下旬:FA補強

毎年話題になるのがFAによるチームの補強になります。

2018年のFA注目選手をまとめております⇒プロ野球・FA情報2018年版・注目選手は?丸・角中・西など

・11月上旬:秋季キャンプ

シーズンが終了し若手や有望な選手はこの時期に秋季キャンプが行われます。

各選手はそれぞれの課題を克しレベルアップのためみっちり練習を行います。

横浜DeNAベイスターズは毎年、鹿児島県の奄美大島で秋季キャンプを行っていますね!

時期が近くなると球団より秋キャンプの発表があります⇒秋季キャンプの日程について

見学に行かれる方は要チェックですね!

・11月中旬~12月下旬:契約更改

シーズン中の成績から選手と球団側で話し合い来年のお給料を決めるのが契約更改になります。

2017年度の横浜DeNAベイスターズの平均年俸は12球団でワースト1位でしたがこの年の契約更改によりワーストからは抜け出せました。

1億という大台を突破し嬉しがる選手もいれば、この時に球団側から「後がないぞ」と言われる選手がいます。

契約更改が終了すると選手は記者会見を開くためどんな内容だったかこの時の表情で判断されますね。

ちなみに金額はあくまで「推定」となります。

・11月下旬:ファンフェスティバル

シーズンを通して応援をしてくださっているファンに感謝を込めてさまざまなイベントがこの日、行われます。

普段は横浜スタジアムで行われていますが改修工事の影響で2017年は2軍の本拠地・横須賀スタジアムで行われました

ファンフェスティバルに参加するのもチケットを買わないといけません⇒ベイスターズ2017年ファンフェスティバル内容

またチケットも速攻で売り切れるため行く人は必ずチェックしといてください!

・11月下旬:NPB年間授賞式

各タイトルの発表になります

野手なら⇒打点、打率、本塁打、安打数、出塁率、盗塁数

投手なら⇒防御率、勝率、勝利数、セーブ数、再優秀中継ぎ、奪三振

の中で成績が一番良かった選手が受賞となります。

このほかにもベストナイン、最優秀新人賞(新人王)、最優秀選手賞、沢村賞といった様々な賞があります。

日本プロ野球機構公式

・11月下旬~12月中旬:各ウィンターリーグ

この時期は若手選手が武者修行に出向き海外へと旅立ちます

  • メキシコでのウィンターリーグ
  • 台湾でのウィンターリーグ(2017年スポナビライブで放送された)
  • プエルトリコでのウィンターリーグ
  • オーストラリアでのウィンターリーグ

などなど各国で様々なウィンターリーグが実施されています。

乙坂や佐野や笠井の若手が大活躍したのも懐かしいですね。

今では日本の4番となった筒香もこのウィンターリーグで武者修行を行いレベルを上げました!

インターネットを使った放送が今年もあるか情報が入り次第追記いたしますね!

・12月上旬~下旬:各メディア出演&合同自主トレ

野球教室や球団のイベント・トークショーや年末のTV出演などなど、この時期はメディアへの出演が多くなります。

  • シーズン中の好プレーや珍プレー
  • プロ野球100人分の1位

などなど様々な面白いTV企画があります。

・1月上旬~下旬:自主トレ

プロ野球選手にとってはオフになっていますが、同じチームや他球団のチームの選手と合同で自主トレを行う選手もいます。

ベイスターズでは番長自主トレが話題ですね!

恒例の神奈川県厚木市内の球場を使用し三浦大輔みずから選手と一緒にトレーニングを行います。

早朝の市内にある山を1時間半かけて昇るのはたびたびマスコミに取られていますね

画像引用→アベマスポーツ様

・2月:春季キャンプ

いよいよ球春到来です。

オープン戦、開幕に備えた調整を行っていきます!

横浜スタジアムで野球の魅力に取りつかれた方はぜひ横浜DeNAベイスターズのキャンプ地「宜野湾・嘉手納」にカメラをもって行って見てはどうでしょうか?

私も2018年に初めてベイスターズのキャンプを見に行きましたが選手たちが目の前で練習している姿は言葉では表すことができませんよ!

ベイスターズのキャンプは

  • 1軍は宜野湾
  • 2軍は嘉手納

で行われています。

選手達が止まるホテルや周辺ホテルの情報は後日、記載しますね!

「春季キャンプベイスターズの選手が泊まるホテル(オフに更新予定)」

・2月下旬~3月下旬:オープン戦

オープン戦とは

一般的なペナントレースにこの時期の試合結果は影響しない ということ、つまりはオープン戦の勝敗は優勝に一切関係しないということです。

そのため新人の実践の経験の場として使用されたり、開幕スタメンのメンバー選びを目的とした采配などでペナントではなかなか見られない選手が見られるという特徴があります。

開幕に向けて最終調整をし開幕投手や開幕オーダーを決めていくのがオープン戦です。

私は横浜DeNAベイスターズの開幕オーダーや開幕投手についてもまとめていますので、ぜひ見てください

【横浜DeNAベイスターズ2018年開幕オーダーが発表】

【横浜DeNAベイスターズ2018年・開幕投手予想】

野球観戦に知っておくと便利な情報!

このブログ内にある野球観戦に知っておくと便利な情報をピックアップしときました!

⇒横浜DeNAベイスターズ・試合の生中継をお得に安く視聴する方法は?

⇒プロ野球観戦・初心者におすすめ!持っていくべき10個のアイテムって?



なおと

もっとプロ野球やベイファンを増やしたいと思いこのブログを始める。
ブログの広告収入でシーズンシートを買うのが「夢」。

介護の仕事をしながら自分が本当にやりたいことはなんなのか模索中。

ハマスタの1塁側内野CかBで良く観戦しています。

詳しいプロフィールはこちらから

Twitterをフォローする

お問い合わせはこちら

 

おすすめ記事

関連記事

  1. 【月間MVP】6月の受賞選手を投手・野手の成績で予想!

  2. ラミレス監督,ソフトバンクに宣戦布告!2017の日シリはあれがなし!

  3. DeNA中継ぎ陣のあご髭は、あの投手の発案だった。

  4. 宮崎敏郎と梶谷隆幸はどうしてそんな仲が良いのか?秘密はチャーハン!?

  5. ベイスターズが日本シリーズで勝つにはあの選手が復調しないとね!

  6. 石田,これが開幕投手の意地!中日打線を圧倒する!

  7. 2017年,ヤクルト最終戦。嶺井のホームランが球団にとって節目の1発

  8. 横浜DeNAベイスターズ・2018年オフィシャルイヤーマガジンの予約はここ!

お知らせ

まとめ記事

 

 

お得情報

  1. ベイスターズ・伝説の名試合って何が思いつきますか?
  2. 発見!huluの月額料金を無料にする登録方法とは?
  3. バッテリー能力向上で強豪チームに生まれ変わる方法とは?
  4. ニコニコ動画・プレミアム会員の月額料金を抑える方法とは?
  5. 東京ドーム・土日でも格安な駐車場は?最大料金が24時間で1300円?

スポンサーリンク




PAGE TOP